ここから本文です。

社協について

現在のページ トップページ >  社協について >  社協の使命

社協の使命

使命

札幌市社会福祉協議会は、住民を主体とする地域福祉推進の中核的な組織として、地域の様々な生活課題を受け止め、その解決にあたることを使命とし、役員及び職員が一丸となって、深刻な生活課題や社会的孤立の予防などの新たな地域福祉の課題に向き合い、だれもが孤立せずにお互いに支え合う福祉のまちづくりに取り組みます。 

基本理念

「みんなが主役!お互いに支え合うやさしいまちづくりに向けて」
様々な課題を解決するためには、多くの市民が「共感」し、「育ち」、「つながり」に支えるといった一連の流れ(仕組み)が必要であると考えています。
市民が自主的に主役(我が事)として、つながりをもって互いに支え合う地域社会を実現するという願いをこめています。

基本目標

「地域を基盤とするコミュニティソーシャルワーク機能の強化」
地域社会の変化から導き出される課題を下記の3つに整理し、これらの課題に対応していくためには、新たなサービスの開発、住民主体による地域課題の解決力強化とその体制づくり(地域支援)、支援を必要とする人を訪問し、寄り添い、様々な関係機関と結びつけることにより、課題の解決する(個別支援)、福祉分野を超えた多様な機関の連携による包括的な相談・支援体制づくり(支援の仕組みづくり)の3つの取組からなる「地域を基盤とするコミュニティソーシャルワーク」が必要です。
  1. 既存制度では救えない世帯の増加
  2. 専門的な支援が必要とされる世帯の増加
  3. 複数の困りごとを抱える世帯の増加

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

フッターメニューここまで