ここから本文です。

社協について

白石区社会福祉協議会

現在のページ トップページ >  社協について >  白石区社会福祉協議会 >  生活支援体制整備事業 >  集いの場訪問記|東札幌・菊水・北白石・菊の里

集いの場訪問記|東札幌・菊水・北白石・菊の里

東札幌・菊水・北白石・菊の里地区の集いの場におじゃまさせていただきました。
 




東札幌地区

【東札幌地区】すこやか倶楽部|2019年4月

(2019年4月25日更新)
 UR東札幌6条団地集会室(2019年4月1日訪問)、東札幌会館(2019年4月24日訪問)のすこやか倶楽部に訪問いたしました。自己紹介と生活支援体制整備事業の事業説明をさせていただいた後、実際、すこやか倶楽部にも参加させていただきました。みなさん継続的にすこやか倶楽部に通われて、体の可動域も十分という方が多く、大変驚かされました。
 前年度は、事業説明をしてもなかなかこの事業で何をやるのかを皆様に十分にお伝えすることができず、困りごとを抱えた方と支援者とのマッチングまでに至りませんでした。しかしながら、今回、6条団地集会室に来場いただいていた方から、実際に大型ゴミ出しの支援に関するご依頼いただくことができました。
 まだ、担当エリア全域訪問させていただいておりませんが、今年度も、引き続き、地道に生活支援体制整備事業に関するお話をさせていただきます。皆様の会場へも順次おじゃまいたしますので、何か日常生活に関するちょっとしたお困りごとがありましたら、生活支援推進員までご相談ください。

東札幌地区にお住まいの方のすこやか倶楽部については、介護予防センターきくすいにお問い合わせください

すこやか倶楽部6条団地 

 

菊水地区

【菊水地区】すこやか倶楽部|2019年4月

(2019年4月26日更新)
菊水上町会館(2019年4月18日開催)のすこやか倶楽部に参加させていただきました。自己紹介と生活支援体制整備事業の事業説明をさせていただいた後、実際、すこやか倶楽部にも参加させていただきました。すこやか倶楽部に継続的に通われることで、身体機能が向上されているというお話が介護予防センターさんよりありましたが、皆さんと一緒に参加させていただいたタオル体操や新聞を使ったレクリエーションを通じて、私たち世代より体の柔軟性がある方もいらっしゃるなど、皆様の元気なお姿に驚かされました。参加させていただきまして、ありがとうございました。

菊水地区にお住まいの方のすこやか倶楽部については、介護予防センターきくすいにお問い合わせください

2019年4月すこやか倶楽部菊水上町 
 

北白石地区

【北白石地区】北郷ふれあいいきいきサロン|2019年5月

(2019年5月16日)
 2019年5月13日に北郷東会館で開催された北郷ふれあいいきいきサロンに参加させていただきました。 
 こちらのサロンでは、地域ケア会議で話し合われたテーマをもとに、福祉のまち推進センター(以下、福まち)が主体となって、2019年度より地域貢献に意欲的な地元の企業や事業所と連携し、参加者が楽しめ、元気になるプログラムを企画運営されています。
 今回は、日本調剤から薬剤師、管理栄養士4名が来られ、加齢に伴う筋力の低下や関節や脊椎の病気、骨粗しょう症などにより運動器の機能低下状態になる「ロコモティブシンドローム」をテーマとした講話、発声しながら体幹を鍛える「あへあほ体操」を体験することができました。今後も、北白石地区内で開催されるふれあいいきいきサロンでは、社会貢献に意欲的な企業や事業所の皆様が参加される予定となっているようです。
 平成28年に札幌市が行った「高齢社会に関する意識調査」によると、65歳以上の調査対象者において、現在困っていることや、将来不安に思うことは、「健康」が最も多くなっています。今回のテーマは、シニアのみなさんが抱えられるそんな不安を解消するのにとても役立つものでした。
また、参加されている方の様子や福まちスタッフの方のお話を通して、「健康」に関する関心度が高く、改めて、地域のニーズとして実感することができました。
 ご紹介した北白石地区のようなサロン活動は、地域が主体となって、地元の専門職と連携して地域の高齢者を支え、地域を元気にする点において、とてもすばらしい取り組みではないでしょうか。
 地域の高齢者の方が安心して元気に過ごしていただくために、今後の発展に期待したいと思います。

北郷ふれあいいきいきサロン基本情報について

北郷ふれあいいきいきサロン1 北郷ふれあいいきいきサロン2
 

【北白石地区】北郷団地元気サロン|2019年3月

(2019年4月19日更新)
 北郷団地元気サロンは、2019年3月23日の訪問で2回目となりましたが、今回は、新規でご参加いただいた方もいらっしゃるとのことで、参加された方の顔が見える交流を主な目的として開催されました。
 
 ウクレレ伴奏にあわせて、昔からなじみがある懐メロを参加された皆さんと一緒に10曲程度合唱し、その後、サロンに参加された方が持ち寄った、巻きずしや煮物、漬物をつまみながら、最近の困りごとから世間話などのコミュニケーションを楽しみました。
お食事に関しては、参加者分準備されるのに、大変ご苦労があったかと思いますが、みんなで一緒に食卓を囲み食べる「共食」は、最近増えてきているおひとり暮らしの方にとっても、楽しくおいしくお食事を楽しめる貴重な機会になったのではないでしょうか。
 
 最後に、参加者された方からのリクエストで、「18歳と81歳のちがい」というテレビ番組笑点でだされたお題で出た回答一例を、読み上げさせていただきました。「偏差値が気になるのが18歳、血糖値が気になるのが81 歳」など、高齢者にとって身近なあるあるネタ。笑いやうなずきの反応をたくさん頂きながら、楽しいひとときを過ごさせていただきました。


北郷団地元気サロン基本情報について

北郷団地元気サロン2019年3月
 

【北白石地区】地域カフェピリカ|2019年1月

2019年1月21日に北白石地区にある地域カフェピリカに見学に行ってきました。
こちらのサロンでは、歌声喫茶と茶話会を楽しむことができます。今回おじゃました会では、馴染みのある懐メロや唱歌を元気に歌い、その後、合間にフルートによる懐かしの映画音楽演奏に浸れるプログラムでした。その後、皆さんでコーヒーを片手におしゃべりを楽しまれていました。
立ち上げから数年経過し、現在では、毎回平均15名程度の参加者が来られているそうです。当初は、集客するのに大変苦労されたとのことですが、立ち上げスタッフが、近隣で開催されている他の集いの場に顔を出し、おひとりおひとり声掛けしながら、現在の人数まで参加者を集められたとの苦労話も伺うことができました。
 その他、こちらのサロンでは、子ども食堂や、中国語サークル、習字サークル、ランチサロンなども毎月開催されています。詳しくは、下記ホームページをご参照ください。
 主催者とのお話の中では、現在実施されているサークル活動は、すばらしい先生との出会いや依頼をうけて活動につながったものまでさまざま。主催者の方も楽しんで会に参加されていますと、イキイキとした表情でお話しされているのが、とても印象的でした。集いの場の運営を長く続ける秘訣は、このあたりにあるのではないでしょうか。

地域カフェピリカ基本情報
住所:札幌市白石区北郷7条9丁目6番3号
お問合わせ:080-1893-1368(ご担当者:まきの)
開催日:毎週 月・水・金 11:00~15:00
休日:日・祝日
ホームページ:https://cafe-pirka.shop/ 

 

【北白石地区】北郷団地元気サロン|2018年11月

 こちらのサロンでは、毎週開催される麻雀や手芸など趣味活動に加えて、年数回不定期に開催される、季節にあわせたテーマにあわせた健康づくりに役立つ運動や講話、茶話会を楽しめます。
 2018年11月におじゃました際は、かぜや転倒などをテーマに、講師として、介護予防センター、地域包括支援センター、地域にあるデイサービス「リハビリベースこもれび」より各専門職の方が招かれ、参加された皆さん、真剣な表情で各プログラムに取り組まれておりました。プログラム終了後、甘酒やコーヒーを片手に参加された方同士、交流を深められていました。
 今回、地域ケア会議にてサロンと地域の企業のマッチングを行い、結び付いた事例としても参考にできる取り組みではないでしょうか。

北郷団地元気サロン基本情報について

 


菊の里地区

【菊の里地区】元気はつらつ体操教室(平成苑)|2019年5月

(2019年5月10日更新)
 2019年5月9日、介護予防センター菊の里主催の特別養護老人ホーム平成苑にて開催の元気はつらつ体操教室に伺いました。
 こちらの運動教室は、2019年からの新しくはじまった取り組みで、本日から毎週木曜日午前10時から10回コースで実施される教室となります。
 本日5月9日は、女性6名・男性1名の計7名の方が参加され、北海道リハビリテーション専門職協会監修の「サッポロスマイル体操」をメインに、包括支援センター保健師からの健康講話に加え、今後運動教室を参加される皆さんで運営していくうえで必要な役割を決めるグループワークが開催されていました。本日を含めた10回コースの中には、リハビリ専門職による体力測定や運動指導が2回、レクリエーション等も楽しむことができます。
 初顔合わせのため、はじめは緊張した面持ちの参加者も、隣の方同士でハイタッチをするなど楽しめる要素がある体操を通じて、しだいに和気あいあいとした雰囲気に。「今後も楽しんで取り組めそう」と皆さん一同に笑顔で話されているのがとても印象的でした。
 これからも参加者で協力しながら楽しんで取り組んでいけそうな体操教室の今後の展開及び参加されたみなさんの体力アップに期待です。
  本日は、参加させていただきありがとうございました。

体操教室平成苑1 体操教室平成苑2
 

【菊の里地区】サロンきらく・お茶の間サロンゆうゆう|2019年4月

(2019年4月25日更新)
 2019年度開始にあわせ、菊の里地区にあるサロンきらく(2019416日開催)、お茶の間サロンゆうゆう(2019419日開催)に、白石区第2包括支援センター、介護予防センター菊の里、白石区保健福祉課保健支援係の地区担当者とともに新年度の挨拶をかねて訪問させていただきました。各関係機関、それぞれ簡単な事業説明や高齢者の方が役立つ情報提供を行いました。白石区社会福祉協議会からは、全体事業の説明の中で、生活支援体制整備事業にかかわる講話を行い、サロンの支援をしている菊の里地区福祉のまち推進センター(福まち)、社会福祉協議会を含め同行いただいた地域にかかわる関係機関の相談窓口情報をまとめたチラシを配布させていただきました。

サロンきらく2019年4月

 

【菊の里地区】お茶の間サロンゆうゆう|2018年12月

 近隣にお住まいの高齢者の方を対象に、毎回平均すると平均年齢70台20名程度の方が来られている活気あふれるサロンです。こちらでは、健康づくりのための体操やサロン主催者が毎回企画されるゲームなどを楽しめます。
 今回2018年12月訪問時は、クリスマスイベントとのことで、30名強の参加者が来場されており、普段の体操や脳トレメニューに加えて、特別にボランティアさんによるマジックやサックス演奏の催しを楽しむことができました。脳トレでは、参加者同士声を掛け合いながら真剣にグループで協力しながら交流する姿、マジックでは大きな笑い、サックス演奏にあわせた歌やダンス等々…、サロン主催者の皆さんも含め、参加されたすべての方の元気いっぱいの姿に大きなパワーをいただきました。
 心身のリフレッシュ、生きがいづくり、ネットワークづくり等、様々なメリットがサロンにはありますが、そのすべての要素がつまっているお手本のようなサロンではないでしょうか。

お茶の間サロンゆうゆう基本情報について

 

【菊の里地区】サロンきらく|2018年11月

 こちらのサロンでは、毎回、町内にお住まいの高齢者の方を対象に、健康づくりのための体操や趣味活動、高齢者の生活にとって必要なためになる講座などが楽しめます。
2018年11月訪問時は、30名強の方が参加されており、マジックやサックス演奏、体操、おしゃべりなどを楽しまれておりました。笑顔や笑いであふれた活気に充ちあふれた会でした。
 町内会自身で、居場所づくりであるサロンの運営を行い、互いに見守りを行い、支えあえる環境づくりを行っている好事例ではないでしょうか。

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

フッターメニューここまで