ここから本文です。

現在のページ

第2層コーディネーター訪問記:初めまして!第2層生活支援コーディネーターです

 平成30年11月1日から中央区第1地域包括支援センター圏域で活動する第2層生活支援コーディネーターが、札幌市中央区社会福祉協議会へ配属となりました。
 高齢者の生活支援・介護予防サービスの体制整備を推進していくことを目的に、地域おける「支え合いの仕組みづくり」を支援、調整する役として、これから皆さんの地域に足を運ぶこととなります。
 まずは、皆さんの地域におじゃまして、素敵な「支え合い」「つながり」を見つけたいと思っています。皆さんと一緒に「支え合いの仕組みづくり」に取り組んでいくこととなりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

第2層コーディネーター訪問記

2019年1月11日 冬休み子ども工作教室(東地区)
今回お伺いした「子ども工作教室」は、地域の小学生を対象に、長期休暇中に開催されるイベントです。今回は、偏光板を利用したステンドグラスをみんなで作りました。講師の先生の説明を聞き、「わからない人いますか?」の声掛けに手を挙げたのは私たち大人のみで、子どもたちは皆楽しそうに頑張っていました。
完成したステンドグラスは、どの作品もキラキラときれいでした。みんなで見比べ、お互いに「いいね!」と声を掛け合い、大人に見せてくれるなど楽しんだあと、全員で作品を手に持って写真撮影。冬休みの楽しい思い出になったのではないでしょうか。
 

2019年1月8日 8☆8プラザ(桑園地区サロン)
今回は、子育てサロンにお邪魔させていただきました。地区のお寺で月に1回開催されています。たくさんのおもちゃが並べられた、畳敷きの広いお部屋に31組(67名)の親子が集まり、元気一杯の子どもたちで大盛況!他にも絵本の読み聞かせ等、楽しい企画が盛りだくさんでした。小さな子が、もっと小さな子の相手をしたり、おもちゃを貸してあげるといった微笑ましい様子も見られました。こうして少しずつ、小さい頃から周囲の人や環境とつながっていくのかもしれませんね。
 

2019年1月7日 茶話やかサロン(桑園地区サロン)
新年1回目の訪問は、12月にもお邪魔しました「茶話やかサロン」です。
前回に引き続き、ふまねっと&茶話会に参加させていただきました。ふまねっとは、今回はかなり難易度が上がっておりましたが、皆さんとてもお上手でした。茶話会では、各ご家庭のお雑煮のレシピ、最近注目の「さば缶」のおいしいアレンジ等について教えてくださいました。
運動で体を動かし、会話で心を活性化。温かい仲間が近くにいるって素敵だな~と、あらためて思いました。


2018年12月21日 みんなのフィットネス(桑園地区)
桑園ふれあいセンターで金曜日に開催される、健康づくりの会。事前に血圧等のチェックを行ったあと、インストラクターさんをお手本に、太極拳やヨガのような運動を1時間ほど行います。皆さんの真似をしながら何とか頑張ってみると、体も温まり、始まる前より元気になったような気がしました。参加者は全員女性で、さまざまな年齢層の方が参加されていました。地域のおいしいお菓子屋さん、お買い得な八百屋さん等、住民の方ならではの情報をたくさん教えてくださいました。今度、お買い物に行ってみようと思います。


2018年12月19日 なつうた翠陽会(桑園地区)
桑園地域交流センター「くわ~る」にて毎週水曜日に開催されています。お名前からわかるように、懐かしい歌を歌って楽しむひとときです。発声練習を一緒に行ったあと、「証城寺の狸囃子」等を歌いました。また、この日は介護予防センター職員による「365歩のマーチ」に合わせた体操も行いました。朝から雪が降る寒い日でしたが、歌と体操で元気いっぱい、体が温まるひとときでした。
また、「くわ~る」では、この他にもたくさんの素敵な活動が行われています。お近くにお住まいの皆さん、要チェック!です。


2018年12月10日 茶話やかサロン(桑園地区サロン)
マンション内で月に2回開催されている、主にふまねっとで健康づくりを行うサロンです。参加者にはインストラクター資格をお持ちの方がいて、私も一緒にご指導をいただきました(皆さんの温かいご声援で何とかゴールできました)。ゴール後はお互いに「お疲れ様でした」「上手くできたね」と声を掛け合い、ハイタッチと握手をします。「みんなで褒めたり、励ましたり、笑って、ますます親しくなれるんだよ」と参加者の方が話してくださいました。また、最近新しいお仲間が増え、ますます賑やかになって嬉しいとのことでした。活動の輪が広がり、人と人とのつながりができていくって素敵ですね。
冬晴れの寒い一日でしたが、終始温かい雰囲気のサロンでした。参加者の方お手製のお漬物、とても美味しかったです。ごちそうさまでした。今度、作り方を教えてくださいね。


2018年12月9日 三世代交流事業 冬のお楽しみ会(東北地区)
連合町内会や民生委員児童委員協議会、子ども会、老人クラブ等地域の皆さんが集まり、餅つき、クリスマスのリースとキャンドル作り、折り紙、劇団の方による人形劇等を楽しんでいました。子ども会の皆さんの頑張りも多く見られ、中学生のメンバーが中心的な役割を担い、あらゆる場面で大活躍でした(大人の皆さんのアシストも素敵でした)。お雑煮も大人気で、調理・配膳ご担当の女性部の皆さんも大活躍でした。ちなみにお雑煮は、小さなお子さんや高齢の方も安心しておいしく食べていただけるよう、具材の切り方や大きさを工夫したとのことです。また、餅つきを頑張るお父さん、キャンドル作りが上手なお母さんなど、皆さんの「得意なこと」がくまなく活かされている、温かい雰囲気の交流会でした。
 

2018年12月7日 福祉のまち推進センター研修会(桑園地区)
「桑園地区の様々な活動について知ろう!」というテーマで、地区で活躍するたくさんの団体(福祉のまち推進センターや民生委員児童委員協議会、老人クラブ、子育て・高齢者サロン、もう少し規模の小さい各種活動などなど)からお話をいただきました。近所のコミュニティカフェとコラボして、時々お母さん方にコーヒーを提供しているサロン(家事や育児で忙しいお母さんたちに大好評だそうです)、つい最近新しくメンバーが増え、仲間の輪が広がったというマンション内のサロン、健康づくりのフィットネスサークルなど、楽しそうな活動ばかりでした。
グループワークでは、地区にあったらいいなと思う活動について話し合いました。地区にはすでに素敵な活動やつながりがたくさんあるのですが、「立ち呑み会」を立ち上げてみんなで楽しみたいというユニークな意見もあり、大いに盛り上がりました。


2018年11月26日 おしゃべりサロン(中央地区サロン)
今回は「札幌のクマの生態について」というお話を聞かせていただきました。専門家を講師に招き、クマの生態や行動範囲、ある日まちの中クマさんに出会ったらどうするか?といった内容でした。(ちなみに「森のくまさん」の歌のように逃げてはダメだそうです)札幌市では「さっぽろヒグマ基本計画」を推進し、クマとの「共生」を目標にしているとのこと。
美しい自然、大切に守っていきたいですね。
クマの赤ちゃんの原寸大モデルです。

2018年11月22日 サロン萌黄会(西地区サロン)
連合町内会女性部から発足した健康づくりグループ。2003年から続いています。
どさんこ体操やウォーキング、ゲーム等で楽しみながら、頭も体も元気一杯「生涯健康」を目標にしているそうです。
なかなかハードな運動量でしたが、みなさん笑顔で参加されていました。講師の方の声掛けで一層盛り上がり、自然に会話も弾んでいて、一緒に楽しむことで「つながり」ができていくんだな・・・と思いました。


2018年11月19日 サロンりおん(大通地区サロン)

サロンの会場は、なんと喫茶店。参加されているのは同じマンションの住民だそうですが、集会室がないということもあり、近くのお店を利用されているとのことです。皆さん、とてもおしゃれで、外出する機会が大切なことを改めて感じました。

2018年11月19日 ファミール中島公園ひまわり会(豊水地区サロン)
マンションの住民同士が、月に1回食事会や茶話会を開催しています。
サロンとしての集まり以外にも、お互いの部屋を行き来しているそうです。
マンションでは、サロン以外にも、男性が気軽に参加できる月1回の麻雀会や、子どもたちも楽しめるクリスマス会などの集まりもあるとのことです。

2018年11月12日 おしゃべりサロン(中央地区サロン)
この日のサロンは「定鉄の走っていた時代」という講話が中心でした。このサロンは、毎回ユニークなテーマで開催され、他の地区からもバスに乗って参加される方もいらっしゃいます。次回は「札幌のクマの生態について」です。

2018年11月10日 サロンむつみ会(桑園地区サロン)
平成26年度からずっと月に1回開催してきたサロンですが、毎月開催についてはこの日で一旦終了。今後は、より身近な支え合いの関係を築くために、マンションのフロア毎に集まる場を作っていきたいと考えているそうです。


ここからフッターメニュー