ここから本文です。

真駒内地区福祉のまち推進センター

水と緑と優しさいっぱいの街 真駒内!

地区の概要

 地下鉄南北線「真駒内駅」周辺は、通勤通学などの交通の拠点であり、区役所・消防署・郵便局などが集まり、マンションなど共同住宅の割合が高い住宅街です。真駒内公園・真駒内保健保安林など緑にも恵まれています。この地にあった旧北海道庁真駒内種蓄場は、米国人エドウィン・ダンの指導のもと、北海道の酪農畜産の発展に大きな役割を果たしました。1946年(昭和21年)、米軍基地キャンプ・クロフォードが建設され、返還後は、自衛隊が駐屯し、駐屯地は2005年(平成17年)まで「さっぽろ雪まつり」の真駒内会場にもなっていました。1972年(昭和47年)、冬季オリンピック札幌大会では真駒内野外競技場がメーン会場となりました。違反広告物の撤去や花植え活動など、住民が主体となって快適な生活環境の推進に取り組んでいます。(南区ガイドMAP抜粋)

(平成29年1月1日 現在)

開設年月日 平成7年10月
人口 24,908人
世帯数 13,510世帯
高齢化率 32.8%
町内会数 112町内会
小学校数 2校
中学校数 2校

真駒内まちづくりセンター入口 事務所内の様子

活動拠点所在地

南区真駒内幸町2丁目
南区民センター(真駒内まちづくりセンター併設)1階

ページの先頭へもどる

日常生活支援活動

真駒内地区では、福祉除雪サービスを利用している高齢者・障がい者の方に対して、利用世帯のお近くに住む住民の方々が、近隣の助け合い活動(ボランティア)として、除雪支援を行いました。
以上の日常生活支援活動のほか、真駒内では85歳以上の高齢者世帯を対象に、年1回「敬老の日絵はがき」を送付する活動が続けられています。25年度は832名の方に送りました。

                

ページの先頭へもどる

学習・研修活動

福祉担当役員会議の開催

福祉担当役員(単町の福祉部長等)を対象に、地域での福祉活動を進めるうえで必要とされる様々な知識の習得や、単町毎の福祉活動について情報・意見交換するための会議を毎年開催しています。
18年度は34名の役員が参加し、高齢者や子育て世帯の孤立化防止を目的とした「ふれあいサロン活動」と、介護保険の改正により新たに創設された地域包括支援センターの役割や活動内容について、各々担当の職員より説明を受けました。

  • 福祉担当役員会議の様子
    福祉担当役員会議の様子

ページの先頭へもどる

ふれあい交流活動

パークゴルフふれあい交流会の開催
熟年者ふれあいクリスマス会の開催

両事業とも区内にお住まいの65歳以上の方を対象にしており、参加者が様々なレクレーション等を通して相互交流することを目的に開催しています。
25年度もパークゴルフや各種ゲーム、会食、入浴、幼稚園PTAのコーラスなど、参加者は和気あいあいと楽しい雰囲気の中で交流を深めました。
近年は隣近所との付き合いも少なくなり、地域との接点がないまま孤立している高齢者が増えています。
この事業では、同じ地区に住む方々が親しい関係をつくるきっかけとして進められています。

  • パークゴルフふれあい交流会の様子
    パークゴルフふれあい交流会
  • 熟年者ふれあいクリスマス会の様子
    熟年者ふれあいクリスマス会

ページの先頭へもどる

その他

真駒内連合町内会のホームページをご覧になりたい方はこちらへ!

ここからフッターメニュー