ここから本文です。

芸術の森地区福祉のまち推進センター

支援・協働・やさしさ・ふれあい!

地区の概要

芸術の森地区は南北に細長という特徴があり,自然が豊で多彩な芸術イベントが行われている地区です。
福祉のまち推進センターは福祉推進委員やボランティアが協力し,民生委員・児童委員の支援を受けながら,地域住民の方々と共に「みんなで支え合うまちづくり」を目指し,様々な福祉活動を展開しています。

(平成26年4月1日現在)

開設年月日 平成10年9月8日
人口 10,916人
世帯数 5,233世帯
高齢化率 28.7%
町内会数 13町内会
小学校数 3校
中学校数 1校

活動拠点所在地

南区石山78‐68 札幌市南老人福祉センター内


老人センター 老人センター内部


日常生活支援活動


福祉推進委員会が各々,一人暮らしの高齢者などに対する「安否確認・話し相手」などの活動を進めています。
また,地域のボランティアと連携しながら「札幌市福祉除雪サービス」の地域協力員(除雪ボランティア)として高齢者等に対する除雪支援を行うなど,個別支援活動を展開しています。



広報・啓発活動

全戸配布の町内会連合会広報誌(特集号含む)を年3回発行する中で,福まちへの協力と理解に関する記事を掲載し,地域住民に対する広報・啓発活動を進めています。

調査・点検活動

福祉のまち推進センター活動を効果的に進めるため,必要に応じて高齢者の人口や実態調査を実施しています。

学習・研修活動


  • 札幌市主催の福祉研修「出前講座」やボランティア研修センターの「福まち出張研修」を利用し,活動者等を対象とした研修会を開催しています。
  • 福祉関係団体役員・福祉有識者・単町福祉部員との意見交換会を開催しています。
  • 福祉担当者を対象に各種福祉施設等の見学・研修会を実施しています。
  • ボランティア研修センターや市・区社協主催の研修会や活動交換会に積極的に参加しています。

ふれあい交流活動

日帰り温泉旅行

一人暮らしの高齢者等を日帰りの温泉旅行に招き,札幌市近郊の温泉と観光を楽しんでいただく行事を毎年開催しています。
小樽運河・支笏湖畔と2回企画・実施し,日頃外出の機会が少ない参加者からは大変喜ばれています。
なお,旅行会の移動車中や昼食時間を活用して「防犯や健康に関する研修会」も開催するなど,高齢者の防犯・健康にづくりにも一役買っている行事です。

もりの仲間の子育てサロン

0歳から就学前の子どもの遊び場を提供するとともに,母親同士の気軽なおしゃべりや育児に関する相談の場として開催しています。
また,子どもの見守りは勿論のこと,両親からの育児等に関する悩みや相談があった場合には子育て経験豊富なボランティアが話を聴き,必要に応じて専門機関への橋渡しを行っています。
毎月「第1・第3水曜日の午前10時から11時半まで」,南老人福祉センター内で開催しています。
なお,会場が老人福祉センターということもあり,育児経験豊富なご老人の飛び入り参加や,人形劇の開催など,特徴のあるサロンです。

子育て1 子育て2


※ 参加者全員保険に加入します(主催者負担)
※ 会場が老人施設であることから,ごく自然な形で世代間交流がはかられています。


その他

もりの仲間のこまおか朝市

地域住民の交流と高齢者の生き甲斐づくりを目的に,今年6月から札幌市保養センター駒岡を会場に,朝市を開催しています。
旬の野菜や山菜,焼きたてのパンなどを驚きの価格で販売しています。ぜひお越し下さい。
毎月「第2・第4日曜日の9時半から11時」で開催しています。
なお,商品がなくなりしだい終了します。

※ 主催 芸術の森地区社会福祉協議会  札幌市保養センター駒岡

保養1 保養2


もりの仲間のこまおか朝市の様子

もりの仲間の交流会

今年で3年目を迎える地域の芋掘り祭り。子供からお年寄りまで三世代にわたって,畑おこしや種芋植え,さらには収穫を一緒に行いながら,世代をこえた地域のふれあいイベントとして定着しています。
当日は,みんなでとりたての芋をふかし,子供達は美味しそうに頬ばっていました。
その他にも,各種のアトラクションが行われ,参加者は世代をこえて収穫の秋を楽しんでいました。

交流1


※ 主催 芸術の森地区町内会連合会 ・ 芸術の森地区社会福祉協議会

ここからフッターメニュー