ここから本文です。

現在のページ

札苗地区福まち 未来を考える

福まち事業の未来を考える ~札苗地区福まち

 

札苗地区福まちでは2月3日に、28年度の活動について事業部門別のプレゼンテーションをおこないました。

①茶話会担当部 ②食事会担当部 ③子育て担当部 ④見守り担当部 ⑤かけはし110番(電話相談) ⑥広報啓発研修担当部 の代表から説明がありました。

 
  

林事務局長から、向こう4年を見据えた事業内容の企画と計画をみんなで検討したいと説明がありました。

各部の代表から事業日程や準備、調整の手順について発表が続き、意見交換を行いました。

住民へ福まち活動の理解促進を図るには、実践事例を紹介しては?など、様々な意見が交わされました。

住民に喜ばれる内容と、地域の福祉力が高まる企画をどのように展開していくか白熱した意見交換がなされました。

    
 このように、単年度だけではなく数年先を見通した事業について話し合う福まちは、まだ多くはありません。

中期計画・長期計画があると、自分たちの今の立ち位置が分ります。そして、進むべき道も明確になります。

是非、みなさんの地区でもこのような話し合いをされてはいかがでしょうか。

 

お知らせ

ここからフッターメニュー