ここから本文です。

現在のページ

サロンセミナーで昭和歌謡曲を♫

サロンセミナーで昭和歌謡曲を

 

 本会では、家に閉じこもりがちな方や子育て親子を対象に、身近な場所で、誰もが気軽にお茶を飲んだり、おしゃべりしたり楽しい時間を過ごし、いきいきと暮らすことをすすめ、孤立防止・仲間づくりの活動を促進しています。

 この取り組みを拡大するため、5月29日に『東区サロンセミナー』を開催し、 サロンに関心のある町内会役員やサロン運営者ら95名の参加がありました。

   

★今回は、2部構成の内容で参加者に楽しんでいただきました★

 

第1部は「蓄音機で聴く懐かしの昭和歌謡曲♪」と題し、案内人の虻川直大さんが蓄音機3台を持参され、1時間で12曲を紹介いただきました。曲や歌手の紹介、時代背景を映像等で解説いただき、会場からはレコードに合せて歌う声が聞かれました。
 案内人の虻川さん

 

参加者は終始、笑顔で若かりし頃を思い出していた様子です。

 虻川さんから、「CDは人間の聴こえる音のみ、蓄音機は聴こえない音(周波数)が脳を刺激し活性化させる作用があるようです。」解説がありました。

 

第2部はケアレクリエーション倶楽部の南部広司さんから指導をいただきました。

  講師の南部さん  

①サロンの必要性、自主的な活動であることの重要性。サロン機能の代替は見つからないだろう。

②拍手をしながらのレクリエーション。手の運動と称して強要されては拍手もポンポンと適当。しっかり手と手を合わせてはじめて運動といえる。

それを楽しみながら、させてあげることが重用。

 ③レクリエーションは100円ショップのグッズを用いた文字あそび。 

  レクで使用する材料を参加者に作成してもらうなど、参加者を準備段階か

ら巻き込む方法を紹介くださいました。

  

 

 いつものサロンに 懐かしい音楽はいかがですか?

 いつものサロンを みんなで楽しみましょう。






 

お知らせ

テーマ別でさがす

ここからフッターメニュー