ここから本文です。

現在のページ

サロンを企画して社会福祉協議会に登録しよう

girl1最近はマンションが増え、ご近所であいさつを交わしたり、花壇や玄関前で立ち話しができる間所も減ってきているのではないでしょうか。サロンは、定期的に集まることで、顔なじみの輪が広まり、いきいきとした日々を送ることを目指しています。
まずは、ご近所で誘い合ってサロン作りについて話し合ってみませんか?

開催場所

歩いて集まることができて、継続して実施できる場所
例:町内会館、地区会館、児童会館、マンションの集会所、サロンの参加者やボランティアなどの自宅

内容

参加している方どうしがお互いに交流できる活動
参加者とボランティアが一緒に相談して決めるといいでしょう
季節の行事も盛り込むと効果的です

参加人数

5名(組)以上
仲間づくりを進めるうえで、お互いの顔が見える人数(おおよそ20名(組)程度)が理想的です。

費用

お茶、お菓子の実費・持ち寄りなど
ふれあい・いきいきサロンは開催費用を参加者全員で負担しあうことが基本です。
参加しやすく、サロンが長続きするために、お茶代などの実費やお菓子などを持ち寄るのが望ましいです。

回数

概ね月1回以上の開催で年間10回以上
参加者の日常生活の一部になるよう、定期的な開催が望ましいです。

参加者募集

チラシの配布、回覧、また、参加対象となる方への声かけなどを行い、近所の方々をお誘いしてみましょう

各区社会福祉協議会の所在地・連絡先

ここからフッターメニュー