ここから本文です。

現在のページ

ボランティアさん募集してます

今日からできる!「収集ボランティア活動」

誰でも、いつでもできるボランティアの一つが「収集ボランティア」です。使用済みのプリペイドカードや切手、書き損じはがき等は高齢者・障がい者の支援や国際援助に幅広く活用され、空き缶は収集が資源のリサイクルにつながります。

収集に当たって気をつけたいこと

プリペイドカード

  • 汚れているものや、折れているものは除外しましょう。
  • カードは、なるべくなら写真や絵がついているものがよいようです。
  • 収集されたプリペイドカードを整理する際は、ホチキスでとめたり、粘着テープを貼って束ねたりせず、輪ゴムで束ねるか箱に詰めましょう。

使用済み切手

  • 汚れていない、折れていない、周りのギザギザが欠けていないものがよいようです。
  • 切手は、貼ってあるところから5~10mmを残して切り取りましょう。
  • 封筒の裏側の紙をつけたままにしていると、大量になったときにかさばります。裏の紙は切り取り、表の紙だけにしましょう。

アルミ缶

  • アルミ缶とリングプルを集め、業者に買い取ってもらった代金で車いすを購入できます。業者の買取価格も相場の変動があるため、一定していませんが、一キログラム当たり30~50円と言われています。
  • リングプルだけ集めるよりも、アルミ缶も一緒に集めた方が効率的です。
  • 一定量をまとめる
  • 缶の場合は必ず中をきれいに洗う.保管方法・回収方法は業者等によって異なりますので、収集を始める前に確認したほうがいいでしょう。

アルミ缶とスチール缶の見分け方

アルミ缶とスチール缶の見分け方1
磁石にはくっつかない。
缶の胴体に磁石を近づけてください。くっつかないのがアルミ缶。

アルミ缶とスチール缶の見分け方2
胴体の所に「アルミ缶」「アルミニウム缶」などの表示をしています。

アルミ缶とスチール缶の見分け方2
溶接してある缶(コーヒー缶など)は全部スチール缶です。

衣類

  • 送る衣料が相手の方にとって役に立つかどうか、必要かどうかを必ず確認しましょう。
  • クリーニングをしてください。
  • あまりに着古したものは相手の方にとって、失礼な場合もあります。
  • 要らなくなったから、不用品を処分するという感覚ではなく、プレゼントを差し上げる気持ちで送ることが大切です。
ページの先頭へもどる

札幌市内で収集物を受け付けている主な団体

団体名 住所(送付先)・問合せ先 募集品目
札幌いちご会 〒063-0062
西区西町南18丁目2-1
稲嶺ビル1階
電話(011)676-0733
使用済テレホンカード、各種交通カード 、使用済み図書カード、未使用図書券、収入印紙、テレホンカード、切手、各種商品券等、書き損じはがき、バザー品(新品)
ベンチレーター使用者ネットワーク/NPO法人自立生活センターさっぽろ 〒003-0022
白石区南郷通14丁目2-2-1階
電話(011)867-5699
書き損じはがき、未換金の宝くじ、未使用商品券、切手(未使用)、テレホンカード
日本ユニセフ協会
北海道支部
〒063-0831
西区発寒11条5丁目10-1
コープさっぽろ本部2F
電話(011)671-5717
使用済テレホンカード、各種交通カード、未使用金券類、切手(未使用・使用済み)、書き損じはがき、外国コイン
北海道難病連 〒064-8506
中央区南4条西10丁目
電話(011)512-3233
書き損じはがき、未使用金券類
NPO法人
ひまわり会 
〒062-0002
豊平区美園2条6丁目6-15
日興マンション101
電話(011)813-5999
アルミ缶
※缶はつぶしてもいい。
※90Lゴミ袋5袋以上により収集にうかがいます。
ウレシパアクティビティセンター 〒004-0802
清田区里塚2条2丁目12-15
電話・FAX(011)889-5656
古紙・アルミ缶回収のみ。
※一定量で回収に出向きます。
障害福祉サービス事業所
つくし
〒064-0919
中央区南19条西6丁目1-17
電話・FAX(011)561-0802
衣類等(綿100%に限らせていただきます。)
※その他のリサイクル品についてはお問合せください
TAK
(障害者通所施設・たっく)
〒064-0806
中央区南6条西18丁目2-19
アフターフジ1階
電話・FAX(011)562-9334
※現在は募集をしておりません
※詳細については、収集を始める前に各団体にお確かめください。

ここからフッターメニュー