ここから本文です。

自衛消防訓練を行いました。(2013年2月18日更新)



2月15日(金)に総合センター自衛消防訓練及びAED講習を行いました。
来館者にもご協力いただき、センター1階からの火災を想定し、火災発生・現場確認・負傷者救助・避難誘導の順に手際よく対応できるよう訓練いたしました。



また、今回のAED講習では総合センター内で働いている職員を対象とし、札幌中央消防署警防課の職員の方々にご指導いただきました。
心臓マッサージ30回、人工呼吸2回、このセットを救急車が到着するまで行います。その間必要であればAEDを使用し救急隊員に引継ぎます。
救急車到着までの数分で左右されてしまう人の命。
高齢者が多く利用している施設として、実際に使用する際にいかに迅速に対応出来るか、改めて日頃の訓練と個々の意識が大切だと感じました。

ここからフッターメニュー