ここから本文です。

現在のページ

居宅介護支援事業所(ケアプラン作成)

居宅介護支援とは

ケアプラン作成

医療・保健・福祉サービスの分野で実務経験をつみ、介護保険の頼れる専門家であるケアマネジャー(介護支援専門員)が、迅速できめ細かな対応で最適なケアプラン(居宅サービス計画書)を作成し、自立した生活を支援します。

介護保険の申請代行

介護保険を利用するために必要な要介護認定の申請や、区分変更時の申請については、ご本人やご家族の希望に応じて、ケアマネジャーが区役所への申請手続きを代行することができます。

サービスの調整

お身体の調子やご家族状況の変化などにより、ご利用中のサービスに変更が必要となった際は、必要なサービスを過不足なくご利用できるように随時ケアプランを変更し、サービス事業者との調整を行います。

札幌市社会福祉協議会の居宅介護支援事業所について

札幌市社会福祉協議会は、各区を担当エリアとする8ヶ所の「相談センター」(白石・厚別・清田相談センターのみ3区で1センター)と、要介護度が中重度の方を中心に市内全域を担当する「総合支援センターえがお」の計9ヶ所の居宅介護支援事業所で、ケアプラン作成業務を行っています。
医療・保健・福祉サービスの分野で実務経験をつみ、介護保険の頼れる専門家であるケアマネジャー(介護支援専門員)が、迅速できめ細かな対応で最適なケアプラン(居宅サービス計画書)を作成し、自立した生活を支援いたします。
 
 
介護保険の申請等介護に関するご相談、ケアマネジャー(介護支援専門員)ご利用希望の方は、お気軽にお問い合わせください。
 

居宅介護支援事業所(ケアプラン作成)

テーマ別でさがす

ここからフッターメニュー