ここから本文です。

札幌市「ウォームシェア」事業 保健師の講話 2014年2月24日

札幌市「ウォームシェア」事業 保健師の講話

拡大画像を見る

今回のウォームシェア事業は「保健師の講話」ということで、「ロコモティブシンドローム」について、保健師の木下さんがお話ししてくださいました。「ロコモ」とは、骨、関節、筋肉などの運動器の働きが衰えてくると、生活の中の自立度が低下し、運動器の障害のために要介護になる危険性が高い状態をいいます。
参加されたみなさんも、ロコモティブシンドロームに
おちいらないために、ロコトレを生活の中にとりいれて
健康な生活を維持できるよう頑張りたい!との意気込みでした。次回は2月26日(水)です。

札幌市「ウォームシェア」事業 保健師の講話

拡大画像を見る

札幌市「ウォームシェア」事業 保健師の講話

拡大画像を見る

過去のお知らせ(平成25年4月~平成26年3月)

ここからフッターメニュー