ここから本文です。

成年後見事業

成年後見制度とは

 認知症、知的障がい、精神障がいなどによって物事を判断する能力が十分ではない方(ここでは、本人といいます)について、本人の権利を守る援助者(「成年後見人」等)を選ぶことで、本人を法律的に支援する制度です。
 

判断能力が不十分になる前に …… 任意後見制度

 将来、判断能力が不十分になった場合に備えて、「誰に」「どのように支援してもらうか」をあらかじめ契約により決めておく「任意後見制度」が利用できます。
 

判断能力が不十分になってから …… 法定後見制度

 家庭裁判所によって、援助者として成年後見人等(成年後見人・保佐人・補助人)が選ばれる「法定後見制度」が利用できます。利用するためには、家庭裁判所に審判の申立をします。本人の判断能力に応じて、「後見」「保佐」「補助」の3つの制度を利用できます。

  後見 保佐 補助
対象となる方 判断能力が全くない方 判断能力が著しく不十分な方 判断能力が不十分な方
申立ができる方 本人、配偶者、四親等内の親族、検察官、市区町村長など

成年後見制度については、法務省民事局のホームページをご覧ください
 

相談窓口 

札幌市社会福祉協議会
高齢者・障がい者生活あんしん支援センター
札幌市中央区大通西19丁目1-1 札幌市社会福祉総合センター3階
電話:011ー632ー7355 FAX:011ー613ー5486

ここからフッターメニュー