ここから本文です。

すこやか介護教室「認知症について」

拡大画像を見る

 5月29日(木)社会福祉協議会の福祉人材研修担当の遠藤氏を講師に迎え、認知症についてお話していただきました。物忘れと認知症の違いをクイズ形式で答えたり、認知症予防の指体操や足指でタオルをつかむ遊びなどを体験しました。
 認知症の方への対応では、今まで出来ていた事が出来なくなるなど生活に支障が起きた時、不安で苦しんでいるのはご本人であり、誰かが側にいて一緒にできることを考えてあげることが大切であるとのことでした。皆さんとても熱心に話しに耳を傾けていました。また、参加者からは「大変参考になりました」との声が聞かれました。

拡大画像を見る

拡大画像を見る

ここからフッターメニュー