ここから本文です。

現在のページ

平成26年度 札幌市市民後見人養成研修(実務研修)が始まりました

 平成26年10月から始まりました、平成26年度 札幌市市民後見人養成研修は、同年12月3日に全9回の基礎研修を終えました。
 その後、面接を経て、44名の方が実務研修の受講者として選考されました。
 年が明けて1月14日から実務研修が始まり、第1回目の講義として、藤女子大学人間生活学部の小沼春日准教授から、「対人援助の基礎」を研修テーマに、対人援助場面に必要な価値観やスキルなどについて、ミニワークショップを織り交ぜながらお話しいただきました。


 実務研修は全10回を予定しており、受講者の皆様には、講義や施設での体験実習などを通して、市民後見人としての活動に必要な知識などを学んでいただくこととなります。






ここからフッターメニュー