ここから本文です。

現在のページ

キャリアアップしながら活躍しています!

居宅介護支援

東相談センター所属
松浦 文人(入職1年目)

社協で働き始めたきっかけは?
 まず福祉の仕事をしたくて大学に入りました。将来必ず福祉の仕事に就こうと考えていましたが、若気の至り(笑)?で福祉の仕事に就く前に違う仕事をしたかったので最初の就職は全く福祉とは違う業界で働いていました。
その後デイサービス、特別養護老人ホームで働きながら、相談援助業務を目指していて求人を探していました。
 そんな中働きながら自分の実力をつけられるところを探していて、相談業務に限らず福祉という幅広い分野で学びが大きいと思って、社会福祉協議会にダメでもともとと思って応募しました。
 

入ってみて戸惑ったことは?
 大規模な居宅介護支援事業所を知らなかったので、こんなにたくさんケアマネがいるんだと思いましたね(笑)
 ケアマネジャーは個人での仕事が多いと思うのですが、センターの中でのチームワークがすごいとも感じました。それを初めて感じたのは入職後すぐのことですが、センター全体で緊急のショートステイ先を探していてチームで仕事をしていることにすごいなと感じ、自分もこの場所で早く力になれるようになりたいと思いましたね。

キャリアアップして初めてのケアマネ業の戸惑いは?  
 今までは介護技術メインで働いていたが、自宅で過ごしていく人との関わりを持ちたいと思って入職したが、制度の把握が全然できていないです…
 その点は周囲の先輩に教えてもらったりや研修制度が充実していることと、そのほかの研修情報を多くもらえるので自分で研修を選んで受けられるというのがありがたいと感じています。

職場の雰囲気は? 
  一番に明るくて、やさしい
 厳しい(?)面もあるが、いい意味で厳しくしてくれている部分があるのでありがたく感じています。
 職員数が多い分、色々な意見や多様なアドバイスを頂けるのでありがたいです。先輩の経験をもとに事例についてもアドバイスを頂けてありがたいです。

働いていて嬉しかったことは? 
 たくさんあるんですよね~(笑)
 まず、自分は仕事に没頭してしまい周囲の声が聞こえなくなる傾向があるのですが、その時に周りの先輩職員のみんながやさしく声をかけてくれて、緊張をほぐしてくれたり、仕事以外でもフォローしてくれているので周りの人に恵まれたと感謝してます。
 業務の中では、利用者様と一対一の関わりなので、信頼関係が築けて今までなかったような愚痴とかを話してもらった時は嬉しいです。利用者様から褒められると逆に心を開いてくれてないなと思うのですが、愚痴とかを話してもらったほうが逆に嬉しかったり、やりがいを感じますね。さらに、サービスについて一緒に相談し考えて調整したあとに利用者様から「良かったわぁ」と言ってもらった時は嬉しいですし、逆にありがとうございますと頭が下がります。ケアマネジャーとしては初めて働いていますが、やはりやってみて良かったと感じやりがいを感じる仕事だと思います。

仕事とプライベートの両立は?
 プライベートに仕事を持ち込んでしまうので認知症になりやすいかな(笑)その点についても皆さんが気にしてくれていて声かけてくれるので、意識して気分を変えるようにしてます。最近は休みの時にジョギングをするため、ウィンドブレーカーを新しく買いました(笑)それで少し切り替えて仕事が出来るようになってきたかなと感じています。

夢や目標はありますか?
 孤立死をなくしたい!
 おそらく自分の将来は妻を亡くして一人になったら、施設にも行きたくなくてサービスも使わなくて一人で家でだらだらする生活となってしまうのではないかと思います。
 一人でいることを選ぶ方は何か他に求めていることがあるのではないかと感じていて、ただ、自分から発信することは難しいこともあると思うので、そのような部分に自分として何かできることがないかと考えた時に社会福祉協議会で働いて何かをしていきたいと思っています。
 また、自分の家族が過ごしたくなるような社会やサービスの提案が出来るようになりたいですね。介護に限らず障がいの分野や幅広い福祉の分野で、とにかく少しづつでもバリアを取り除いていく手助けをしていきたいです。

あなたにとって社協とは?

 地域の福祉貢献のために無くてはならないものであると思うので、自分で出来る何かがあれば一つでも担っていきたいと思う、そんな組織です。

応募を迷っている方へのメッセージ
 責任重大ですね(笑)
 私自身としては、社協に入れるわけないと思えるようなかけ離れた存在のように考えていたが、実際に入ってみると敷居は高くなく、とても身近な存在だった。
 もし、ケアマネをやりたいのであれば、ですね。

 
                       
*所属、入職年数等は取材当時
 

 

 

 採用募集ページはこちらをクリック

 

訪問介護

南ヘルパーセンター所属
加藤 栄子(入職3年目)
 

 

 

社協で働き始めたきっかけは?
 
自分の祖父母は面倒を見ることが出来ないまま亡くなってしまったので、何かお世話したかったなとの思いがあり在宅介護を希望しました。
 社協は札幌の中で大きい在宅介護の事業所
であり、安心感がありましたし、色々な福祉事業をしていたので、色んな仕事ができると思ったのも応募した一つの理由です。
 
まずは月に1度開かれている採用説明会に参加し、面接試験を経て、ホームヘルパーとして働き始めました。その後、常勤職としての試験を受験し、現在はサービス提供責任者として働いています。

入ってみて戸惑ったことは?       

 
ホームヘルパーは基本的に直行直帰なので、仕事の合間に家事が出来たことが良かったです。ホームヘルパー時代には気づきませんでしたが、自宅で家事をしている時でも、仕事のことを考えることが多かったです…基本的に直行直帰での活動となる仕事と私生活との区切りが個人的にはなかなか難しかったんだなぁと感じます。今思えばですが…笑
 平成27年4月からはサービス提供責任者となって、直行直帰から事務所勤務となり、上司、先輩、同僚と顔を合わせることができるので、センターの中で仕事の話をする機会も増えました(笑)
 仕事も事務所で終わらせることができるので、家に仕事を持ち帰ることもありませんし、メリハリがつけやすくなりました。


(写真左は宮坂所長)


キャリアアップのきっかけは?       
 
キャリアアップという意識はありませんでした…金銭的なものが大きかったですね(笑)
ちょうど子供も小学校を卒業し、中学生になったので手がかからなくなったので、もう少し長い時間で働きたかったということもあります。
 また、ホームヘルパー採用時の面接の際にも、ゆくゆくはサービス提供責任者もやっていきたいと話してたんです。そうしたら実際に募集があった際に、上司から声を掛けていただいたので、応募しました。
 また、ホームヘルパーとして働いていた時の経験を生かして、ホームヘルパーが事務所に来た時にはこちらから声をかけてヘルパーの方々の話を聞くことを意識しています!
 まだまだ先輩方のようにできてはいませんが…笑

職場の雰囲気は?       
 良い
と思います!
 私はまだ駆け出しなので、厳しく叱咤激励(?)を受けることはありますが、成長のために必要なことだと思っています。サービス提供責任者になってから、今でも初心忘れるべからずと反省することも多々あります(笑) 

                                                                                                                                                                            

仕事とプライベートの両立は?  
 
子供の部活(サッカー部)の応援です。点数が入ったら応援している親の方が盛り上がったりしています(笑)
 もちろん井戸端会議もありますが(笑)


あなたにとって社協とは?
 
東京から引っ越して来た時に、回覧版や地域の新聞で、高齢者の在宅福祉や地域の集まり等の記事を目にしていましたし、そういった地域に根差した福祉活動をしている会社なんだとその当時は思っていました。
 子育て中は、身内は遠い親戚より近くの他人の手が必要だと思いますし、まずは自分たちがその担い手となり、逆に自分たちが担い手を必要とする時には助けてもらうことが社会福祉の在り方だと思っています。

応募を迷っている方へのメッセージ
 
とりあえず何かお手伝いと考えている方は、良い社会貢献ができる会社だと思うので気軽に門をたたいていただいて、一歩踏み出していただければと思います。
 

 

                       *所属、入職年数等は取材当時

 

 

 採用募集ページはこちらをクリック


ここからフッターメニュー