ここから本文です。

現在のページ

子育て中のスタッフインタビュー

訪問介護

張替 朱美(入職4年目:パートヘルパー)
白石・厚別・清田ヘルパーセンター所属

社協で働き始めたきっかけは?
 学校卒業後、特別養護老人ホームで働いていました。子育てのために退職し、その後子供も小学生になったので、働きたいと思い子育てをしながらできる仕事を探していました。
 また、ゆっくりと一人一人に関われる在宅での仕事を探していた時にさっぽろの広報詩を見て、子供に負担をかけずに、自分の生活スタイルに合わせて働けるなと思い、「ほっ・とプラザ」で協力員として活動し始めたのがきっかけです。子供も成長し「ママの好きなことやっていいよ」と言てくれ家庭のことも協力してくれるようになったときに、パートヘルパーの仕事を兼業してできると聞き、パートヘルパーの採用試験を受け、働いているうちにヘルパーがメインになってきました。すっかり在宅の魅力に目覚めました!!
 
入ってみて戸惑ったこと・魅力は? 
 戸惑ったことは、ほとんどないです。主任、リーダーはじめ先輩ヘルパーさん方に事前の研修や話し合いが社協は濃いので、不安なく仕事ができました。
 在宅での仕事はご利用者様と共に!一緒に!という気持ちをメインで考えて働かせていただいています。これが在宅の魅力です。
 一歩玄関に入って「こんにちは」と言ってくれるご利用者様の笑顔を見ると「今日も一緒にゆっくり出来るなと思い」いろいろなお話をしながら働いています。でも、私たちがいなくなったら、またご自宅で一人になってしまうなぁということも考えながら、働いています。
 ご利用者様のお宅へ行って、お話しして、活動している時が、一番やりがいを感じます

職場の雰囲気は? 
 すごくいいですね。
 子育ての先輩も多く、子育てを優先しなさいと言ってくれるので、子供に負担をかけることもなく、ストレスを抱えることもなく働けていて、すばらしい職場だと感じています。
仕事とプライベートの両立は? 
 主人も娘も協力的で私の仕事を理解してくれるので、工夫していることは特にありません。自然体で働けるのが一番です。私の働く姿を娘も見てくれて、きちんと家庭のことに協力してくれているところが、娘自身も成長していると思います。

 娘は「いつかママと一緒に働きたい」という夢を持っていて、看護師になりたいと勉強しています。そういう部分を見てくれているんだなとありがたく思います。仕事とプライベートの両立で大変だなと思ったことは、一度もありませんね
 子供の参観日とかは、先輩ヘルパーさんが「それは優先してあげて」と言ってくれるので、お休みを取れていますしね。

 今後もご利用者さんのお宅で、ずっと働いていきたいなと思っているので、身体介護にしても家事援助にしてもスキルアップしていきたいと思っています。札幌市の広報にある研修を受けたり、ボランティア活動についても子供と一緒に出来たらいいなと考えています。

(同じチームの伊藤主任と談笑中)

応募を迷っている方へのメッセージ
 若い方、また子育て中の方も、介護というだけで敬遠しがちですが、働きやすい職場ですので、ぜひ一緒に働きませんか??
 

 

 

 採用募集ページはこちらをクリック

本間 由佳(入職3年目:パートヘルパー)
南ヘルパーセンター所属

社協で働き始めたきっかけは?
 福祉施設で働いていた経験があり、その時の同僚に誘われて応募しました。
 在宅介護未経験だったので最初は在宅介護に不安感がありましたが、色々な話を聞いている内に在宅介護に魅力があると思いました。今は周りの皆さんに色々と教えてもらって色々と学んでいます。

入ってみて戸惑ったことは?   
 自信を持って、活動できていないんです…(笑)
 利用者さんからも「大丈夫だから頑張りなさい」と背中を押していただいたこともありますし、センターでも「もう少し自信を持って頑張ってみたら」と日々声をかけていただいています。
 色々なことを利用者さんを通して、他のヘルパーさん、上司が(私を)取り囲んでみんなで育ててもらっていると感じています。もちろん困ったときはセンターに連絡して相談しています。

職場の雰囲気は?       
 温かいです。誰に何を聞いても丁寧に教えてもらってます

仕事とプライベートの両立は?  
 子供が熱出したり、学校行事に参加するときは、休みをもらう等周囲に協力いただいていますし、 『仕事の中の子育て」ではなく、『子育ての中の仕事』だとセンターの皆さんに理解いただいているので、大変だと思ったことはないです
 仕事の合間に家事をしながら工夫し、休みの日は子供も休みなので、子供と過ごしたり、家のことをやって気分転換しています。

応募を迷っている方へのメッセージ
 子育てへのフォロー、バックアップは心配なく働けると思います。 
*所属、入職年数等は取材当時

 

 採用募集ページはこちらをクリック



 三上 渚(入職1年目:サービス提供責任者)
中央ヘルパーセンター所属

 

社協で働き始めたきっかけは?
 子どもがいるので保育園に預けることを前提にして、仕事を探していました。もともとはデイサービスやグループホームで働いていたこともあったため、福祉業界に携われる社協の求人を見つけて応募しました。

入ってみて戸惑ったことは?       

 大きな組織で職員が多いので、その場にいない職員等へすぐに情報を伝えられなかったり、伝え方やタイミングが難しいなぁとは思います。ですがその分、職員が多く色々な方の対応方法を見ることができるので勉強になりますね。


働いていて嬉しかったことは?       
 まだあまり担当させていただいている方は多くないのですが、少ない訪問の中でも1回の訪問で利用者の方に『あっ!三上さん!』と自分の名前を覚えてもらっていたことは嬉しかったですね。 


職場の雰囲気は?       
 みなさん人生の先輩でもあり、いろいろ聞きやすくて質問にも答えてくれるし、全体的に柔らかいイメージかな。在宅を担う職種なのでやんわりしているのかなぁ?
 (他職員との年齢差はあるが)大変に感じたことはなくて、逆に対応方法などの引き出しがみんなあるので、勉強になることが多いですね。
 

仕事とプライベートの両立は?  
 
あまり思いつめずに、深くは考えずに…(笑) “今日はあれをしなきゃダメ”とかではなく、子どもが熱出しても何とかなるかぁと、リラックスして考えるようにしてます。
 子どもが小さいので熱を出してすでに突然休みを取ったりしています
 申し訳なさはあるけれど、周囲からも声をかけてもらえるので、休んだりしているし、定時にも帰っています。


あなたにとって社協とは?
 難しいですね~・・・(笑) 最初は、名前は何回も教科書とかで耳にしたことがあったが、実際に何をしているところなのかははっきりわからなかったんですが…聞いたことがある分、身近に感じました。

応募を迷っている方へのメッセージ
 介護に興味のある方には絶対楽しい職業なので、是非とも挑戦してみていただきたいです。 

 

                       *所属、入職年数等は取材当時

 

 採用募集ページはこちらをクリック
 

居宅介護支援

塩見 弘子(入職4年目:ケアマネジャー)
豊平相談センター所属

  

社協で働き始めたきっかけは?

 元々は飲食業界で働いていました。転職してホームヘルパーとして訪問介護事業所や施設で働き、ケアマネジャーの資格取得後は居宅介護支援事業所で働いていました。
 仕事等で色々なことがあって当時の彼氏(現在の旦那さん)から「最近まったく笑わなくなった」と言われたんです。それをきっかけに「ケアマネジャーを辞めよう!!また飲食業界やヘルパーの仕事をしようかな~」と考えていました。
 そんな時に最初にホームヘルパーとして一緒に働いていた友人に相談したら、「もったいないから一緒に働かない?」と誘われたのがきっかけですね。
 友人は社協(当時は札幌市在宅福祉サービス協会)でケアマネジャーとして働いていて、「良いところだよ!」
「あなたの思いを実現できる会社だと思うよ!」と勧められましたし、信頼できる友人であり、私の考え方も理解してくれる貴重な友人だったのでまた一緒に働いきたいと思って応募しました。
残念ながら友人は家庭の事情で遠方へ引っ越してしまったため、今は一緒には働けていませんが、今でも交流のある貴重な友人です。

 

入ってみて戸惑ったことは?
 忙しいところ…(笑)
 介護度も様々な方がいらっしゃいますし、調整等があるので流れについていくのに必死でした…(笑)
 

働いていて嬉しかったことは?
 所長などの上司が全面的に自分のことを信頼してくれているところですね!自分の思うようにやって良いと信頼してくれていて、何かあった時には上司が助けてくれるというところはとても働きやすいですしありがたいと思います!

 


職場の雰囲気は?
 全体的にアットホームな雰囲気で居心地よいです。
 豊平は相談センター(居宅介護支援)だけではなく、ヘルパーセンター(訪問介護事業所)、地域包括支援センター等5センターが同じフロアに入っているので、多職種間での連携がとてもとりやすいと感じています。
 個人的には今後産休に入るのですが、『転んだから困るから休みなさい』等と声を掛けてくれて周囲からの心遣いをとても感じ、スムーズにお休みに入れそうです。また、そのような雰囲気の職場なので休み明けの復帰も今は特に不安はありません。
 

仕事とプライベートの両立は?
 旦那さんから色々と仕事上のアドバイスをもらうこともありますが、休日等には仕事の話はしないようにして、切り替えています。休日は掃除や洗濯、買い物に追われることもありますが、猫を飼っているので動物と過ごして癒されたり、あとは趣味のバリダンスですね!!

 

 

 


 バリダンスはホームヘルパー資格を取得したときの講師の先生との縁で10年ほど前に始めました。講師の先生から
「プライベートを充実させて、人生を豊かにしなさい!」
と言っていただき、バリダンスを見学に行ったのがきっかけです。よく周囲からはフラダンス?とか言われますがバリダンスです!!(笑)

応募を迷っている方へのメッセージ
 女性で活躍している職員も多くいて、年代も様々で働きやすい職場です!
信頼できる上司もいる会社で、目指すべき場所も見つけられるので、是非社会福祉協議会に応募してみてください♪

 

 

*所属、入職年数等は取材当時



 

 

 採用募集ページはこちらをクリック


 


ここからフッターメニュー