ここから本文です。

現在のページ

地域見守りサポーター養成研修

 
平成22年度より、札幌市社会福祉協議会では高齢者世帯の孤立死等を防止することを目的に、日常生活の中で「なにげなく気にかける」程度の見守りを行う「地域見守りサポーター」を養成しております。
平成28年度末までに9,218名もの方が研修を受講され、サポーターになっていただいています。

研修の概要

【対象者】 市内在住の中学生以上
【研修内容】
 ・地域見守りサポーターとは
 ・札幌市における高齢化の現状と福祉課題~サポーターの求められる背景
 ・サポーターの主な活動
 ・異変を感じた際の主な連絡先
 ・サポーターとしての心構え
【費用】 無料

修了証

 研修の修了者には「見守りサポーター リフレクター」をお配りしています。       
    交通安全用のリフレクター(反射板)です

研修を受けるには

 ボランティア活動センターにおいて、年4回開催する研修にお申込みいただくか、
 研修会場を確保いただければ、職員が訪問して研修を開催することもできます。
  ※ボランティア活動センターにおける開催日程は下記になります。
     ・2017/04/20(木) 13:30-15:30開催
     ・2017/08/01(火) 10:00-12:00開催
     ・2017/10/14(土) 10:00-12:00開催
     ・2018/01/31(水) 13:30-15:30開催

  ※訪問研修の場合、受講人数は20~100名でお願いいたします。
   また、お申し込みは1か月前までに、ボランティア活動センターへお願いいたします。

問い合わせ

 地域福祉課地域福祉係 011-614-3344
 ボランティア振興課ボランティア活動係 011-623-4000
 

ここからフッターメニュー