ここから本文です。

私たち新卒です!

【平成28年度採用】

岡﨑 伸
(所属:白石・厚別・清田ヘルパーセンター)
              インタビュー記事へ

【平成27年度採用】

     田中 優衣              望月 紗那
(所属:厚別区社会福祉協議会)    (所属:豊平区社会福祉協議会)

   
    インタビュー記事へ         インタビュー記事へ

【平成28年度採用】(介護職員)

『介護の仕事が好きです』

社協に興味を持ったきっかけは?
 専門学校に通っていた時に、社会福祉協議会の名前を知ったことがきっかけで興味を持ちました。研修がとてもしっかりしていると感じ、自分のスキルアップができるところであると思い、応募しました。

現在の業務内容は?
サービス提供責任者の業務です。ホームヘルパーの家事援助、身体介護、相談援助のほか、訪問介護計画の作成、利用者宅へ定期的に訪問してモニタリングやアセスメントを行っています。
 わかりやすく言うと、ホームヘルパーの仕事をしながらケアマネのケアプランのような計画を作成するといった仕事でしょうか。
 ホームヘルパー業務としては週に1~2回程度行っています。

実際に働いてみて思ったことは?
 在宅の仕事は、1対1の関わりになるため、初めはどのように関わったらよいか戸惑いもありました。20代の男性が一人で訪問するということで利用者さんが初めのうちは困惑しているかもしれないというケースもありましたが、続けて関わる中で女性のヘルパーとはまた違う思いを引き出せたことがあり、新しい発見だった。


職場の雰囲気は? 

とても楽しく過ごしています。ここは事業所としてヘルパーセンター以外のセンターも同じ建物にあり、日常的に他のセンターの方にも話しかけていただいたり、とても関係性も良いです。また、ヘルパーセンターの中でも、2年目のため、わからないことも多いですが、何かあったら気にして「大丈夫?」と声をかけてくれて、働きやすい環境で楽しく仕事が出来ています。
 また、入社して気づいたことは、介護職は休めないというイメージが強かったのですが、休みが取りやすい会社であり、とても助かっています。

  

ホームヘルパーという仕事の魅力は? 
 利用者さんの深いところまで関われるところだと思います。在宅では利用者さんから、生活での悩みを相談され、良い方向に支援することが出来た時に、とても喜ばれたことがありました。また、訪問介護は利用者さんの生活の支えであり、在宅で生活していく中で訪問看護や通所介護などのサービスがある中でヘルパーがいないと生活が成り立たないという利用者さんが圧倒的に多いと思う。在宅で生活するという自己実現を支えられる仕事であり、施設とはまた違う良さがあると思います。


今後の夢や目標は?
 最初に社協に興味を持ったきっかけの一つでもあるのですが、もっとスキルアップして、介護の仕事が好きなので、これからたくさんの知識を持ってヘルパーという立場から多くの利用者さんの支えになりたいと考えています。
 また、ヘルパーの仕事を続けながら、介護支援専門員や社会福祉士の資格を取得してもっと視野を広げて良い支援ができるようになれればと思っています。


これから就職を考えている方(学生の方)へのメッセージ
 専門学校時代にホームヘルパーといえば、女性の仕事というイメージが強くありましたが、実際に働いてみると男性のヘルパーが良いという利用者さんもいて男女問わず需要がある仕事だと思います。利用者さんの生活の支えになれる仕事で楽しくやりがいがあると実感していますので、ぜひ一緒に働きましょう。


採用募集ページはこちらをクリック

【平成27年度採用】(事務職員)

田中 優衣
  厚別区社会福祉協議会所属
 田中 優衣(入社1年目)
 北星学園大学卒

 【担当している事業】
  ・福祉のまち推進事業
  (担当地区:厚別南、もみじ台、厚別東)
  ・ボランティアの需給調整、入門研修
  ・区社協だより ・福祉除雪   等

社協に興味を持ったきっかけは?
 学校の授業で名前を知りました。「なんか、漢字ばっかりの団体だな」と(笑)
 最初は、漠然と「地域支援をしている団体なんだな」と思っていたんですが、授業が深まるにつれて、社協がどんなことをしているのかを知り、自身がボランティアサークルに入っていたこともあって、ボランティアに関することもやっていることがわかって興味を持ちました。

実際に入社して思ったことは?
 大学の時の実習も社協だったんですが、実習の時は、地域に出る機会があまり多くなかったんです。でも、実際に入社してみたら、(外勤や相談が多くて)自分の机に座って事務仕事をする時間を作ることがいかに難しいかが分かりました。
 地域の方と関わる中では、色々なことを知っていなければいけないし、相談援助技術もしっかりと身に着けなければと感じています。

職場の先輩はやさしい?
 

 すっごくやさしいです!
 同期の中で一番恵まれてるんじゃないかと思うくらい(笑)
 でも同期の仲間もみんな同じように言っているから、きっと社協全体の雰囲気がいいんだと思います!


  
仕事をしていて嬉しかったことは?

 地域の方に「また地域においで」と言ってもらえたり、自分の言葉がきっかけで、「ボランティアを始めてみようかな」と言ってくれる方がいたりするとすごく嬉しいです!

休日はどのように過ごしていますか?
 
 最初の頃は仕事に慣れなくて寝てばかりいましたが、最近は友達の車でドライブに行ったりしています。
 自分ではあんまり運転しないので。仕事でも外勤はほとんど自転車で、車を使ったのはまだ2回くらいかな・・・。
 雪が降るまでには運転をマスターします!



今後の目標・やってみたいことは?

 今後、ボランティアの依頼が増えていってもちゃんと対応できるように、新しく登録をしてくれる方を増やしていきたいです。
 まずは今年、今の登録者数を2倍に増やしたいです!

社協に興味がある方へのメッセージ

 一つのことにとらわれず、様々な可能性を持っているところが社協の良いところだと思います。
 誰かのために何かをしたいと思っている方、福祉の道に進もうと思っている方にはお勧めです!
 地域の方と一緒に考えていくということも、とてもやりがいがあると思います!
                               


 
望月 紗那
 豊平区社会福祉協議会所属
 望月 紗那(入社1年目)
 北星学園大学卒

 【担当している事業】
  ・福祉のまち推進事業
  (担当地区:豊平、月寒、平岸、東月寒)
  ・ボランティアの需給調整 ・共同募金
  ・ふれあい・いきいきサロン   等

社協に興味を持ったきっかけは?
 
 大学2年生の時に岩手県に災害ボランティアに行き、仮設住宅でのサロン活動などに関わって、仮設住宅の中の地域というものをどのように支援していけば良いかを考えていくうちに、地域支援に興味を持ち、戻ってきたときには「社協の仕事がやりたい!」と思うようになっていました。

実際に入社して思ったことは?

 入社する前に思い描いていた仕事と大きなギャップは感じませんでしたが、自分がしっかりと地域支援の仕事ができるようになるためには、もっともっと経験を積んでいかなければいけないなと感じています。

職場の先輩はやさしい?
                                            
 あまり大きな声では言えないんですけど(笑)皆さんとってもやさしいです!
 最近もいくつか担当している事業が重なっていっぱいいっぱいになっていたことがあるのですが、皆さんフォローしてくれて、とても心強いです。



仕事をしていて嬉しかったことは?

 この前、社会進出?を目指しているという方が・・・あっ、間違えた!社会参加だ!なんか野望みたいになっちゃった(笑)
 女性の方だったんですけど、まずはボランティアから始めてみたいというご相談で、ボランティア情報紙を送ったり、お電話等で何度か連絡をとっている中で、「自分でもできることがあるということが分かって少し自信がでました。ありがとうございます。」と言われたことがすごく嬉しかったです。

休日はどのように過ごしていますか?
 
 休んでます!
 ・・・いや特にこれと言って趣味とかがないので、欲しいんですよ。趣味。

どんな職員になりたいですか?
 
 自分がボランティアをしていたこともあって、自分だったらこうしてほしいとか、活動する側の気持ちもすごくわかるんです。
 例えば、相談に来た時に、初めて会う職員に話しかけるのってすごく勇気がいる方もいると思うので、笑顔で自分から話しかけたり、活動先の情報は広報紙などに掲載するだけじゃなくて、登録している方になるべく連絡をして直接伝えていくことを大事にしたいです。

社協に興味がある方へのメッセージ

 たいへんですが、それ以上にとてもやりがいがあります。
 実際に、これからもずっと続けていきたいと思える仕事です!
                              

このページのトップへ戻る

採用情報ページトップへ戻る

 

ここからフッターメニュー