ここから本文です。

現在のページ

「障がい者のためのデザインワークショップ」

 本会の障がい者福祉施策の一環として、障がい者の就労支援に着目したデザインワークショップを開催しました。
 この事業は、企業賛助会員である(株)アトリエテンマと(一社)札幌市手をつなぐ育成会との連携事業として開催したもので、(株)アトリエテンマ代表取締役の長谷川演(ひろむ)さん(NPO法人札幌デザインスクールアトリエテンマデザイン塾塾長)の指導の下、市内の就労支援事業所に通う知的障がいのある方15名が、オリジナルフォトフレームデザインに挑戦しました。
 全2日間の日程で実施したワークショップの様子をご紹介します!
 

第1回目(9月11日)
 ~オリエンテーション、制作~

 長谷川さんから「誰のために」「どこに」「どう好きな写真や絵などを飾る」のかをイメージして、デザインしてみましょうというお話がありました。
 

早速制作...の前に、どんな写真や絵を選んできたのか発表してもらいました。  
 
みなさん、思いがたくさん詰まったモノを持ってきていました。


ここからは制作に入ります。


描いたり...


貼ったり...


塗ったり...


みなさん思い思いのオリジナルフォトフレームが出来上がっていきました。
 
次回は完成したフォトフレームの発表です!

第2回目(9月13日) 
 ~プレゼンテーション、講評~

 皆さんが作ったオリジナルフォトフレーム、いざ、発表です!


みなさんのデザインや発想に長谷川さんも思わず唸っていました。
  

ここからはみなさんの作品を一挙にご紹介します!!


最後に長谷川さんを囲んでの一枚。
 
 とても素敵なオリジナルフォトフレームが完成しました!
 家族の写真からアニメキャラクター、アイドルの写真、自分で描いた絵まで様々なモノがとても素敵なフォトフレームに飾られています!
 みなさんお疲れ様でした。

 制作したオリジナルフォトフレームは11月17、18日に開催する「ふくし用具機器展inさっぽろ2017」で展示いたします。
 素敵なフォトフレームを見に、ぜひ総合センターへ足を運んでください!!

ここからフッターメニュー