ここから本文です。

現在のページ

平成30年度 札幌市市民後見人養成研修「事前説明会」の開催について

pdf (289.7KB) 
 少子高齢化が進展する中、判断能力が不十分な認知症高齢者や障がいのある方が、住み慣れた地
域で安心して暮らしていくためには、成年後見制度の利用等、権利擁護の推進が重要になります。
 成年後見制度は、家庭裁判所が選任した親族や弁護士等が、対象者の身上監護(介護サービス利
用契約等)や財産管理(預金の出し入れ等)を行うものです。近年、社会貢献への関心の高い一般
市民が、一定の基礎知識と技術を身につけて「市民後見人」として活躍することが期待されており、札幌市でも養成研修を受講した市民後見人が活動しています。
 平成30年度の市民後見人養成研修開催にあたり、事前説明会を開催しますので、ご興味のある
方は是非ご参加ください。

日時:平成30年7月1日(日)13:30~16:00(12:30開場)

会場:札幌市医師会館5階 大ホール

内容:(1)講演「成年後見制度の概要及び市民後見人養成の意義と必要性について」
      講師 札幌弁護士会 高齢者・障害者支援委員会
         弁護士 大崎 康二 氏 

   (2)説明「札幌市市民後見人養成研修及び市民後見人への支援体制等について」
         札幌市社会福祉協議会 高齢者・障がい者生活あんしん支援センター職員

申込み期間:平成30年5月15日(火)~6月22日(金)

申込み方法:札幌市コールセンターへ下記のどれかでお申込みください
      

        ◇ WEB http://www.city.sapporo.jp/callcenter/uketsuke/index.html

そ の 他:定員200名(先着順)
     対象者は養成研修の受講に興味のある方
     (研修受講にはいくつかの要件がありますが、説明会はどなたでも参加可能です)

pdf ※ 養成研修の日程(予定)についてはこちら (129.4KB)
pdf ※ 申込み先の詳細とFAX申込み用の様式はこちら (89.9KB)

Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしてください。

ここからフッターメニュー