ここから本文です。

現在のページ

『地域住民 皆見守りボランティア』を目指します~新川西札幌町内会研修会

拡大画像を見る

新川西札幌町内会では、18名の福祉推進員が地域に住む心配な方の見守り・訪問活動に取り組んでいます。

また、町内にある ふれあい・いきいきサロンや老人クラブ、趣味の会などのサークルとも連携し、集いの場であると同時に、安否情報の収集の場としています。

さらに、新聞販売員や電気・ガスの検針員に協力いただくなど、様々な方法で心配な方の異変をキャッチするアンテナを広げています。

この日は、新川地区として今年から取り組んでいる「地域に住む心配な方を支えていく地域福祉トータルケア体制の構築」を受け、活動に協力していただくボランティアの拡大を目指した研修会を開催しました。

今後住民にボランティアへの参加を呼びかけていくために、まずは福祉推進員と町内会役員が、地域ボランティア活動について演習等を通じて理解を深めました。

研修後には、佐藤町内会長から「基本は隣近所の助け合い。住民全員が意識を持ち、お互いに気づかう町内にしていきたい。」と意気込みが語られました。

拡大画像を見る

拡大画像を見る

お知らせ

ここからフッターメニュー