ここから本文です。

現在のページ

親切会北海道支部様から車いすの寄贈がありました

拡大画像を見る

11月5日、親切会北海道支部(西村隆代表)から車いす3台の寄贈がありました。

親切会は、主に㈱日立製作所及び関連会社とその社員・OBから構成され、これまで道内の特別支援学校や福祉団体等に金品を寄附されてきましたが、今回、初めての試みとして「グループホームを利用されている高齢者に車いすを寄贈したい」というご相談をいただき、北区内のグループホーム管理者連絡会への指定寄附として寄贈されました。

 寄贈された車いすは、北区内に37か所あるグループホームで使われることになります。代表して受けとられた北区グループホーム管理者連絡会代表の織田さくらさんは「利用者のほとんどが車いすを利用されており、ホーム内はご自身で歩くことができても『車いすがないなら外出しない』という方もいらっしゃいます。いただいた車いすはそのような方のために大切に使わせていただきます」とお礼の言葉を述べていました。

拡大画像を見る

お知らせ

テーマ別でさがす

ここからフッターメニュー