ここから本文です。

現在のページ

老人クラブで事業説明をさせていただきました!

生活支援コーディネーターについて説明させていただきました


 平成29年10月1日札幌市北区社会福祉協議会へ配置された3名の生活支援コーディネーターについて、北区社会福祉協議会 臨時地区社会福祉協議会会長会議において紹介させていただき、あわせて、「札幌市生活支援体制整備事業について」と「今年度の運営業務事業実施方針」を説明をさせていただきました。
 その後、北区内全11連合町内会長に対し、各まちづくりセンターにて同様の説明をさせていただく機会を設けさせていただきました。
 地域の皆様へ挨拶をさせていただき、各生活支援コーディネーターが担当する地域を知り、生活支援等の体制整備に向け、少しずつですが活動を始めています。
 これからも地域の皆様と一緒に高齢者の生活支援・介護予防サービスの体制整備の推進に取り組んでいきますので、よろしくお願いいたします!

                  

平成29年度北海道生活支援コーディネーター養成研修会に参加してきました!

 
 
北海道保健福祉部主催の「平成29年度 北海道生活支援コーディネーター養成研修」が、地域別、道内5か所で開催されました。

私たちは、平成29年1121日(火)の札幌会場(北海道自治労会館)に参加してきました。

会場には、さまざまな市町村から約110名の生活コーディネーター(予定者含む)が集まっていました。その方々と一緒に演習を行ったり、「生活支援コーディネーターに期待される機能や役割」の講義を受けたりするなかで、大変参考になる情報を得ることができ、多くの刺激を受けて帰って来ることができました。
 この研修のほかにも、関係する勉強会や講演会には積極的に参加しています。そこで学んだことを生かしながら、これからも地域の方と一緒に活動していきたいと思っています。

             

幌北地区で協議体・住民ワークショップの提案をさせていただきました!
 


 平成29年度、北区第1地域包括支援センター圏域では、幌北地区で協議体(意見交換会)と住民ワークショップの開催を予定しております。それに伴い、12月7日(木)に行われた"福祉のまち推進センター運営委員会”にて開催内容などを提案・ご相談をさせていただきました。運営委員の方々から、貴重なご意見をいただき、協議体等の開催に向けて大事な一歩を踏み出すことができました。
 幌北地区の運営委員の皆さま、ご協力ありがとうございました!

 

老人クラブで事業説明をさせていただきました!

 生活支援コーディネーター活動の一環として地域で活動されている皆様へ「生活支援体制整備事業」をご理解いただくため事業説明をさせていただいております。
 老人クラブにつきましては、北区老人クラブ連合会に加入する75クラブへ「ボランティア活動(軽易な日常生活支え合い活動)の取り組みに関するアンケート」を実施させていただき、その中で「事業説明を行ってもよい」とご回答いただいたクラブへ事業説明を行わせていただいています。
 老人クラブ役員の方から身近な支え合い活動に興味はある、パークゴルフだけではない活動もしたい、などのお声もいただいております。
 これからも単位町内会、老人クラブやサロンなど地域で活動されている方に「生活支援体制整備事業」「生活支援コーディネーター」をご理解いただくため、活動していきたいと思っております。
 事業説明などご興味をもっていただきましたら、お気軽にご連絡いただければと思います。よろしくお願いいたします。

お問い合わせ先

札幌市北区社会福祉協議会
電話 011-757-2482/FAX 011-737-7270

ここからフッターメニュー