ここから本文です。

「福まち活動記」清田中央地区

平成23年度

地域福祉講演会

地域福祉講演会○平成23年8月26日開催
 NPO法人シーズネット代表の岩見太一氏をお招きし、「今なぜ地域福祉が必要か」と演題を設け福祉講演会を開催しました。
 当日は、地区内の福祉推進員およそ60名が参加。地域福祉の最前線で活躍している岩見太一氏の話に熱心に耳を傾け、これからの活動の参考になる有意義な講演となったようです。

動物園へGO!

動物園へGO○平成23年8月26日開催
 地域で子育てをしているお母さんにリフレッシュをしてもらい、地域との交流を持ってもらおうを、親子と福まちスタッフが一緒に円山動物園に出かけました。
 参加した親子のそばには福まちスタッフが寄り添い、一緒に動物を見て楽しみました。子育てリフレッシュ、地域の方々との交流が深まる有意義な取り組みになっています。 

「ふれあい広場」

ふれあい広場○平成23年10月29日開催
 地区の高齢者とふれあい、交流の場を持とうと、毎年恒例の「ふれあい広場」を開催しました。
 今年度は、地区内で活動しているフラダンスグループの素敵な踊りの披露のほか、ビンゴゲームなどが催され大盛況となり、103名の参加した方々にとって地域との交流が深まるイベントとなりました。
 

平成22年度

福祉のまち推進センター運営委員会 平成22年5月18日、清田中央地区福祉のまち推進センター運営委員会において、平成22年度の事業計画等が審議され了承されました。
 22年度は昨年度実施した事業に加え、清田区社協が作成した「福祉のまち推進センター活動マニュアル」などを用いて、各町内会・自治会に設置されている福祉推進委員会活動のさらなる充実を目指していきます。
 

福祉推進委員会の活動を一層進めていきます

福祉推進委員会の活動を一層進めていきます 平成22年5月21日、清田中央地区福祉のまち推進センター福祉推進委員会において、平成22年度の事業計画等の説明がありました。
 地区福まちの活動と併せて、各福祉推進員が所属している福祉推進委員会の活動を今まで以上に進めていくことを確認しました。

見守り活動の充実に向けて個人情報の取扱い研修開催!

見守り活動の充実に向けて個人情報の取扱い研修開催平成22年6月29日、個人情報の取扱い研修を行いました。
 当日は、清田区社協の職員から、地区福まちに提供される「札幌市65歳以上世帯名簿」の取扱い方法や、「福祉のまち推進センター活動マニュアル(個人情報編)」、清田区社協作成の「福祉のまち推進センター活動マニュアル」の説明をしました。
 民生委員に提供される名簿との違いについて確認したほか、各福祉推進委員会における福祉推進員と民生委員とのこれからの連携について、活発な意見がだされていました。

平成21年度

平成21年度平成21年5月18日、清田中央地区福祉のまち推進センター運営委員会において、平成21年度の事業計画等が審議されました。
平成21年度は「互いの支え合いにより、安心して暮らせるまちづくり」を目的に、各町内会の福祉推進委員会と連携しながら、さらに充実した介護予防事業や子育て支援事業を行います。


清田中央地区全世帯を訪問しPR活動!

PR活動清田中央地区福祉のまち推進センターの活動を地域の皆さんに知ってもらおうと、各福祉推進委員会(単位町内会ごとに設定)から選出されている福祉推進員の皆さんが、7月から8月にかけて、清田中央地区全世帯(6,118世帯)を訪問し、PR活動を行っています。
訪問の際には、広報誌『ふれあいだより』とPR用ポケットティッシュをお渡しし説明します。
「福祉のまち推進センターの事業に是非ご参加ください!」との案内に、説明を受けた方は、微笑みながらお話しを聞いていました。

動物園にGO!みんなで行きました

動物園にGO!みんなで行きました8月21日、子育てサロンに参加している親子18組をお誘いし、福まちスタッフと一緒に円山動物園に行ってきました。
当日は、晴天に恵まれ、様々な動物を観ることができ、参加した子どもは歓声をあげていました。
参加したお母さんの「子どもは初めての円山動物園でした。とっても喜んでおり、楽しい時間を過ごさせていただきました。」との感想のとおり、参加した皆さんは、とても充実した時間を過ごすことができたようです。

PR活動反省会を実施

PR活動反省会9月4日、福まち活動の反省会を行いました。
今年の7月から8月にかけて、各世帯に活動をPRした際の反応について、「福まちを知っている方が少ないことを改めて実感した。」、「福まち活動について話を聞いてくれる方もいて良かった。」などの感想が述べられていました。
また、今回のPR活動の後、どのように活動をしていったら良いのか、ということについては、「横の連携をとって、推進員以外の協力員を募って活動体制を作ることで、今と違う活動をしていけるのでは。」、「継続して関わることで信頼関係が構築され、本当の支援につながっていくと思う。」、「民生委員と推進員が一緒になって、ひとり暮らしの高齢者のお宅へ訪問すればいいのでは。」など、積極的な意見が出されていました。
 

「福祉推進員研修会」で福まち活動を振り返りました!

福祉推進員研修会11月6日、福祉のまち推進センターの活動を振り返ってこれからの活動に活かしていこうと、清田区社協職員による、「福祉推進員研修会」を開催しました。
 当日は、福まち活動と支援者・関係者の役割について改めて図で説明。参加者からは、高齢者の日常的なサポート体制をどう構築すべきかなど、積極的な意見がだされ、議論が白熱する充実した研修会となりました。
 

ここからフッターメニュー