ここから本文です。

現在のページ

芸術の森地区社会福祉協議会のシンボルマークが決定

 芸術の森地区社会福祉協議会(会長 塩田 恒雄)は、平成27年度に創立20周年を迎えたのを機
会に、シンボルマークを地域の住民から公募。
 応募総数214点の中から、地元の常盤中学校2年生の作品が最優秀賞に選ばれました。芸術の森に生育するヤマセミとミズバショウをモチーフにみんなを守っているというメッセージが込められています。
 地区社協では、新年度以降、このシンボルマークを芸術の森の地域に浸透していくために、様々な
活動や事業において取り入れていく予定です。
 


ここからフッターメニュー