ここから本文です。

現在のページ

2013年12月 日誌 12月の出来事!!

2013年12月 日誌 番外編

番外編 サロン作品:チャリティー即売会

 先日の赤い羽根共同募金チャリティー演芸大会と同時開催で、「サロン作品:チャリティー即売会」を開催。これは、西区の高齢者サロンの中で、小物作りをしている団体がいくつかあり、その小物(作品)を販売し、その益金を共同募金会へ全額寄付いただくイベントで、今回で6回目となります。サロン活動費助成の一部が、共同募金の配分となっているため、参加協力団体にも、その趣旨をご理解いただき、実現できています。
 この日を楽しみに一生懸命作られている方もおり、ありがたい限りで、作品も大変すばらしいものが多いです。
 寄付金額は、56,615円となりました。ご協力いただいたサロン団体の皆様、足を運んでいただいたお客様に、厚くお礼を申し上げます。

チャリティー即売会1


チャリティー即売会2


札幌山の手高校ボランティア部と西区ボランティア連絡会の交流

 山の手高校ボランティア部と西区ボランティア連絡会は、若い世代との情報交流を行い、連携・協力を図り、ボランティア活動の推進を目指すことを目的に交流会を開催しました。当日は、ボランティア部の顧問:平沢先生、担当:西田先生も出席いただき、それぞれのボランティア活動内容の報告や質疑応答は、終始なごやかなムードで展開。
 現在取り組んでいる活動やボランティア情報収集の方法、ボランティア部に入るきっかけなどを貴重な情報を聞くことができ、今後、一緒にボランティア活動を行うことができる糸口を見つけることができました。乞うご期待!

西区ボランティア連絡会


山の手地区福祉のまちふれあいセンター研修会

 山の手地区福祉のまちふれあいセンターでは、町内会長や福祉推進員などを対象に、「見守り活動の必要性とマップづくり」をテーマとした研修会を開催。西区社会福祉協議会職員が講師をつとめ、約1時間の説明と質疑応答で、有意義な時間となりました。
 見守り活動対象者は、どこまで行えばよいのか?福祉推進員というのは、全国的にその名称で見守り活動が実施されているのか?などの質問もあり、関心の高さや福祉活動者の熱意を感じました。

まちふれあいセンター研修会

ブログ的日記

ここからフッターメニュー