ここから本文です。

2013年5月 日誌

2013年5月 日誌 5月の出来事!!

5月13日(月)「民生委員・児童委員の日」活動強化週間

 西町地区民生委員児童委員協議会で、民生委員の活動PRを地下鉄発寒南駅付近で行いました。冷たい風で、気温が上がらない天候の中、道行く住民に拡声器で民生委員の活動を紹介するとともに、PR用ティッシュの配布を行いました。大変お疲れ様でした。なお、この取り組みは、毎年、区内の各地区で行われています。
 

「民生委員・児童委員の日」活動強化週間


続いて、西町地区福祉のまち推進センターの事務所「和み」にお伺いしました。その「和み」に、こんな可愛らしいキャラクターを発見!!
 

福まちのキャラクター

↑ 昨年、誕生した福まちのキャラクター


5月16日(木)西区ボランティア連絡会総会・研修会の開催

 西区ボランティア連絡会総会・研修会が開催され、26名の会員の参加があり、平成24年度事業報告・収支決算、平成25年度事業計画・収支予算について報告・提案がありました。
 今回は、会員から、会員の数・男女の内訳等を示して欲しいといったご意見、視察研修の行き先についての提案などが出されました。
 ありがとうございました。それらの意見をできる限り、反映する事業展開を図っていけるよう、社会福祉協議会でもバックアップしていきたいと考えております。

 総会後の研修会は、「高齢者の消費者被害・詐欺について」をテーマに、一般社団法人 札幌市消費者センター渡辺裕子氏を講師に招き開催。最近の悪質被害、勧誘にだまされないテクニックなどについて学びました。
 

西区ボランティア連絡会総会・研修会


5月27日(月)中央発寒町内会6分区・福祉マップづくり

 1,500世帯の大規模町内会を6つの分区で構成されている中央発寒町内会では、平成24年度から福祉マップの作成を分区ごとに確実に作ってきました。この日は、6分区のマップ作成の支援。西区社協の発寒地区福まち担当者から、マップ作成・個人情報取り扱い研修を行った後に、福祉マップを作成。これまで、6分区では、民生委員と福祉推進委員2名のみで見守り活動を実施していましたが、分区役員8名も加わり、これから見守り活動の拡大を図り、充実させていくことになりました。
 そして、作成したマップを見ながら、見守り担当世帯の割り振りを行い、情報交換。そこには、民生委員・福祉推進員・分区員の連携した見守り活動が、さらに充実していく期待感があふれていました。
 

中央発寒町内会6分区・福祉マップづくり

ブログ的日記

ここからフッターメニュー