ここから本文です。

現在のページ

【西町・八軒中央福まち】HUG研修会を開催しました!

 西町と八軒中央の各福祉のまち推進センター主催による「HUG(避難所運営ゲーム)研修会」が、11月4日(水)に西町会館で83名、11月5日(木)にはちけん地区センターで106名の参加で開催されました。
HUG研修会は、災害時に避難所をどのように運営するかをシミュレーション形式で学ぶ研修で、実際に起こりうる避難対応を想定して実施することで、参加者の災害対策意識を高め、災害が起きた際にスムーズに動けることを目的としています。
研修では、避難所となる小学校の見取り図と避難者の情報が記載されたカードを使用して、どの部屋に誰を避難させるのか、非常食の配給はどのようにするのかといったことを参加者が意見を出し合って決定していきます。
講師のSONAE仙台防災研究所 古橋信彦所長は、「災害時に重要な事は、行政や他の人が何とかしてくれるだろうと待つのではなく、避難者が自主的に動いていくこと。そのために普段から災害を意識することが大切。」と話されていました。
参加者からは、「避難所運営は誰かにやってもらうのではなく、自分たちでやらなければならないことがわかった」、「避難者を振り分ける優先順位や効果的な掲示板の使い方などが学べてよかった」といった感想が寄せられました。

    
     研修会の様子(八軒中央地区)     SONAE仙台防災研究所 古橋所長   グループワークの様子(西町地区)

ブログ的日記

ここからフッターメニュー