ここから本文です。

現在のページ

学生レポーター通信

とことん本のお話。

2017年2月15日

レポーター:小山 莉奈

こんばんは!
深夜にこのブログを打っています!
やっとテストが終わりました~!!!
春休みになったので、社協の図書館一回行こうかな~
と思っている小山です。笑

そういえばこの間までグループワークで
点字図書館について調べていたら札幌にも
点字図書館があることを知ってしかもこれまた
社協のお隣さん!?家近いじゃん!ってなりました。
全然知らなかったです…笑 行けるんですかね…行きたいです笑

そういえばおすすめしたい本があるので紹介しますね!
天久聖一さんの『挫折を経て、猫は丸くなった。』です!
この本は本の書き出しだけ集めた本です。その一行だけで後は
自分で話を広げていくという面白さがあります!
本を普段読まない方でもおすすめです!!
一回この本を開いてほしいです!笑

ちなみにこの表紙の猫が私の家の猫にそっくりなんです。笑
なので買ったのですが(表紙買いです)とても面白かったです!

では、また次のブログで!


P.S. 担当者さんから自分へのコメントをさっき見て
    小川さんになっていたのに爆笑しています!笑笑

市社協の担当さんからのコメント

 いまさらレポーターさんの名前を間違えるとは、担当者失格ですね。
 色々と言い訳をしようかと思ったのですが、ここは男らしく全面的に謝罪することにしました。大変申し訳ありません。
 決して、小山さんのことを小川さんだと思っていたわけではなく、頭では小山さんだと思っていたのですが、パソコンを打つ指が勝手に「ogawa」と動いてしまって結果小川さんになってしまったのです。重ねて申し訳ありませんでした。(結局言い訳をしました)


 点字図書館では、社協の事業と同じく様々なボランティアさんが関わっています。点字図書や録音図書、拡大写本の製作などの活動ですが、実は社協が入っている社会福祉総合センターにも点字や拡大写本製作の活動スペースがあって、ボランティアの皆さんがいつも熱心に活動しています。点字図書館の運営にも様々な方の想いが関わっているのですね。
 情報センターも同じです。福祉はそうしたたくさんの隠れた善意に支えられています。レポーターの皆さんにはぜひ取り上げて紹介してもらいたいテーマでもあります。

 「挫折を経て、猫は丸くなった」は、情報センターに購入希望を出しておきましたよ!

小山 莉奈のレポート

2017年2月15日

とことん本のお話。

2017年1月12日

お久しぶりです!

2016年6月26日

はじめまして!

レポーター紹介

ここからフッターメニュー