ここから本文です。

現在のページ

学生レポーター通信

老紳士と若い淑女

2016年8月6日

レポーター:H28:高森 達

 「今日はもう記事を書くのは止めよう」と思ったのですが、実は書きたいことが軽く50くらいは浮かんでいます。このままだと書ききれないまま、学生レポーターを卒業してしまうかもしれないので、徐々に書いていきますね。

さて、今回は僕の実体験について話します。以下に記すので、もしよければ見てください(^^)

 ある日のバスの中。座席で本を読んでいる高校生くらいの女の子。
停留所で紺色の帽子を被った老紳士が一人乗ってきました。女の子は紳士を見るなり、笑顔で席を譲ります。「どうぞ」と(彼女は普通席に座っていました)。
紳士は丁寧に「ありがとうございます」と返します。

 そして、それを後ろから見ている福祉を学ぶ大学生がここに一人(そうです。僕です)。
この時、僕はこう思いました「This is Fukushi(福祉)」と。



この記事を見てくださった方、このお話を聞いて何を感じましたか?

市社協の担当さんからのコメント

親切をする方も受ける方もとても気持ちが良いですね。
周りの方も清々しい気持ちになるような光景が目に浮かびます。

さて、このストーリーはここで終わりではありません。
この時、この光景を後ろから見ていた福祉を学ぶ大学生(そうです。高森さんです)が、いつの日か同じような状況に遭遇したとき、今度は主役となって「This is Fukushi」を実践する。

そんな報告が聞ける日を楽しみにしています。

H28:高森 達のレポート

レポーター紹介

ここからフッターメニュー