ここから本文です。

利用したい

現在のページ トップページ >  利用したい >  介護サービス >  各区のセンターの取組み >  手稲ヘルパーセンターで『移乗方法』の研修

手稲ヘルパーセンターで『移乗方法』の研修

   

手稲ヘルパーセンターで『移乗方法』の研修

 令和元年11月20日、21日の2回、イムス札幌内科リハビリテーション病院から塩原貴之理学療法士と中野遥貴理学療法士を講師にお招きし、介護技術のスキルアップを目的とした『移乗方法』の研修を行いました。
 実演では利用者役のヘルパーの首に手を回して利用者自身の力を活用する移乗方法や、2人介助での方法も教わりました。従来の慣れ親しんだ方法との違いに戸惑いもありましたが、全員真剣なまなざしで取り組んでいました。
 講師からは「安全第一、ご利用者に負担のない楽な介助は介護者にも同じく負担のない楽な介助です。日頃からご利用者の力を引き出す介助方法を身につけましょう」の言葉をいただき、有意義な研修になりました。
 
  
  

お問い合わせ

介護事業部 介護事業課

各区のセンターの取組み

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

フッターメニューここまで