ここから本文です。

活動したい

現在のページ トップページ >  活動したい >  ボランティア活動センター >  札幌市災害ボランティアセンター

札幌市災害ボランティアセンター

近年、被災された方々の支援に重要な役割を果たしているのが災害ボランティア活動です。
混乱や困難な状況の続いている被災地で、「公助」「共助」「自助」が低下している場合には、そこに駆け付け、被災者ニーズに応え、一日も早い復興を被災者とともに目指す災害ボランティア活動は、被災者にとって欠かせないものとなっています。
被災者支援に必要な存在である災害ボランティア活動の拠点となるのが「災害ボランティアセンター」で、その多くは地元の社会福祉協議会が行政や企業、団体と共同で設置しています。

災害ボランティアセンターとは

大規模な災害が発生した際に、被災者の困りごとに対し、ボランティアの力を借りて、被災者の生活の復旧・復興に向けた福祉救援活動を円滑に行うための組織です。
また、被災地及び被災者の生活再建を支援することを最大の目的とし、かつボランティア活動を支援することを目的として運営します。

札幌市災害ボランティアセンター(本部)の役割

札幌市災害対策本部から札幌市社協災害対策本部への設置要請によって設置し、札幌市社会福祉協議会がその運営をすることとなります。なお、主な役割は次のとおりです。
1 札幌市・区災害対策本部や「各区災害ボランティアセンター」からの情報収集
2 各区の被災状況やボランティアニーズの集約、関係機関等への提供
3 市外からの災害ボランティア活動希望者の受付
4 災害ボランティア活動に関する広報

区災害ボランティアセンター(支部)の役割

札幌市社協災害対策本部が設置する必要があると判断した場合には、札幌市災害ボランティアセンターと併せて、区社会福祉協議会が運営する区災害ボランティアセンターを設置することとなります。なお、主な役割は次のとおりです。
1 ニーズや被災状況の情報取集を行い、市災害ボランティアセンターへ提供
2 市災害ボランティアセンターから派遣される災害ボランティアの調整
3 区内災害ボランティア活動希望者の受付
4 市災害ボランティアセンターへ活動の報告

札幌市社会福祉協議会の災害支援活動

本会の災害への対応についてはこちらをご覧ください

被災地でのボランティア活動を考えている方へ

被災地の最新の情報を確認しましょう

被災者への生活支援や被災地の復興支援のボランティア活動に参加する際は、いろいろな準備が必要となります。
無計画に被災地へ向かっても、欠航、運休、通行止め等で現地入りできなかったり、現地に到着してもボランティアの募集が行われていなかったりする場合もあります。
被災地の市区町村に設置される「災害ボランティアセンター」で最新の情報を入手し、綿密な計画を立てて現地に向かいましょう。

下記のホームページで最新の情報をご確認ください。
・全社協 被災地支援・災害ボランティア情報
 https://www.saigaivc.com/
 全国社会福祉協議会・全国ボランティア・市民活動振興センターより災害ボランティア情報をご覧いただけます。

事前にボランティア保険に加入しましょう

万が一の事故・ケガに備えて、ボランティア活動保険に加入してください。
加入手続きは市ボランティア活動センターまたは区社会福祉協議会で受付けております。
現地災害ボランティアセンターの負担軽減のためにも、事前に保険加入手続きを済ませてから出発しましょう。
また、活動中のケガや二次災害に巻き込まれる可能性もあるため、必ず天災タイプの保険にご加入ください。

ボランティア保険についてはこちらをご覧ください
 

被災地が募集してる物資を確認しましょう

個別に大量の物資が送られると、せっかくの善意の物資が被災地に大きな負担をかけてしまうことになります。
そのため、支援物資を送る場合は、被災地が正式に募集している物資を、まとまった数量で送ることが大切です。
必要とされる支援物資に関する情報については、あらかじめ被災地の災害ボランティアセンターなどのホームページをご確認ください。

  

お問い合わせ

札幌市社会福祉協議会ボランティア活動センター
〒060-0042
札幌市中央区大通西19丁目1-1札幌市社会福祉総合センター4階
電話 011-623-4000 FAX 011-623-0004
E-mail : vc@sapporo-shakyo.or.jp

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

フッターメニューここまで