ここから本文です。

活動したい

現在のページ トップページ >  活動したい >  ボランティア活動センター >  障がい者講師等派遣事業

障がい者講師等派遣事業について

障がい者が自らの経験や日常生活など、当事者としての視点で考えや思いを伝えることにより、市民に対しノーマライゼーションの理念の普及をはかることと、障がい者自身も講師としての役割を担うことで、様々な市民と触れ合うことにより、社会参加の機会の拡大を図ることを目的としています。

ふくしの出張講座(当事者講師派遣)

各教育機関(小中学校・高等学校・大学・専門学校等)、企業や地域へ当事者講師を派遣します。
教育機関では総合学習、企業では職員研修、地域の集まりでの勉強会など、オーダーに合わせて講師を派遣、講話の他に体験も可能です。
派遣については、札幌市内を原則としていますが、条件によっては札幌市近郊への派遣もいたします。
また、WEB会議システム(ZOOM)による実施も可能です。
※現在、札幌市の新型コロナウイルス感染拡大防止のため、講師の直接派遣を見合わせております。警戒ステージが「2」相当まで引き下げになり次第、再開予定です。
 
車椅子の講師が講演している写真
ZOOMによる講演の写真

障がい者講師養成講座

出張講座にて派遣する当事者講師を養成する講座です。
講座の前半では、話し方や講話の組み立て方、各種障がい理解の講義を受けていただきます。
後半は、実際の派遣を想定し、指定テーマに沿って30分の講話を行います。
毎年、春~初夏にかけて10日間前後開催しております。
受講対象は、各障害者手帳を有し、講座の全日程に参加ができることと、本事業の目的をご理解いただける方となっております。
令和3年度の開催については「令和3年度「障がい者講師養成講座」開催延期のお知らせ」をご覧ください。
 
出張講座講義中の写真
出張講座講義中の写真

スピーチマラソン

市民に広く「障がい理解」と共生社会を感じていただく機会として毎年9月に、「障がい者講師養成講座」の修了生が有志で立ち上げた‟障がい当事者講師の会すぷりんぐ”との共催によるイベントです。
「スピーチマラソン」では出演者たちが約10分という短い時間ではありますが、伝えたい想いをリレー形式でつないでいきます。
会場内では、就労支援事業所による出店や当事者たちの作品展示も行っています。
 
第2回スピーチマラソンの様子
就労支援事業所による出店の写真


お問い合わせ

札幌市社会福祉協議会ボランティア活動センター
〒060-0042
札幌市中央区大通西19丁目1-1札幌市社会福祉総合センター4階
電話 011-623-4000 FAX 011-623-0004
E-mail : vc@sapporo-shakyo.or.jp

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

フッターメニューここまで