ここから本文です。

伏古本町地区福祉のまち推進センター

現在のページ トップページ >  地区福祉のまち推進センター >  東区の地区福祉のまち推進センター >  伏古本町地区福祉のまち推進センター

支え合い住みよい暮らし明るいまちづくり

地区の概要

旧国鉄苗穂工場や大手企業等に隣接した住宅地として古くから宅地化が進み、中央に縦断する「苗穂通り」は、地域の商店街を形成しています。

かつては、伏古玉葱の主産地として栄え、現在も住宅地の中に一部玉葱畑が点在するものの、年々少しずつ、アパートやマンション等に変貌しつつあります。

 
(平成27年4月1日現在)
開設年月日 平成9年6月27日
人口 29,727人
世帯数 14,919世帯
高齢化率 25.8%
町内会数 38町内会
小中高校数 7校
 

 

活動拠点所在地
東区本町2条7丁目
苗穂本町地区センター内

 広報・啓発活動

敬老の日にちなんで、75歳以上の高齢者にお声掛けをして開催しています。 たくさんの方が参加されるため、2日間で4つの会場に分けて行っています。 参加者は、和やかにお話しを楽しみ、三味線に合わせて口ずさみ、路地裏芸で盛り上がるなど、微笑ましい光景があり、笑顔いっぱいの楽しい会となっています。

地域の福祉情報誌

ふれあい交流活動

敬老ふれあいお食事会

敬老の日にちなんで、75歳以上の高齢者にお声掛けをして開催しています。 たくさんの方が参加されるため、2日間で4つの会場に分けて行っています。 参加者は、和やかにお話しを楽しみ、三味線に合わせて口ずさみ、路地裏芸で盛り上がるなど、微笑ましい光景があり、笑顔いっぱいの楽しい会となっています。

  • ふれあいお食事会の様子
  • 路地裏芸

 サロン活動(ふれあい・茶話会)

地域の方々との交流を目的に、サロン活動を進めています。近くの会館に集まり、飲み物を飲みながら、おしゃべりやお手玉、麻雀等、来られた方は思い思いの過ごし方をしています。今まで顔を合わせても挨拶をすることがなかった人に声を掛けるようになったり、最近顔を見かけない方の家へ訪問してみたりなど、参加者同士が自然にお互いを思いやるようになっています。

茶話会の様子

ふれあい広場

地域の子育て支援を目的として、伏古本町連絡所で毎月1回開かれています。0歳の赤ちゃんを持つ若い母子と高齢者が集まり、おしゃべりをしたり、一緒に遊んだり、緑いっぱいの公園散策、昼食会等内容もバラエティーに富んでいます。 自分の孫を見守るように接している、微笑ましい高齢者の方々の笑顔が生まれています。

カルタを手に取る

地区福祉のまち推進センター

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

フッターメニューここまで