ここから本文です。

藻岩下地区福祉のまち推進センター

現在のページ トップページ >  地区福祉のまち推進センター >  南区の地区福祉のまち推進センター >  藻岩下地区福祉のまち推進センター

人と人とのふれあい 地域の歴史を大切に

地区の概要

  藻岩山を頂点に、北は軍艦岬、南は栗割岬、豊平川に囲まれた三角地帯。1871年(明治
 4年)、東本願寺により山鼻・八垂別間の新道が開削され、1880年(明治13年)に岩手
 県人の本宮要助が入植しました。1913年(大正2年)、豊平川の大洪水の被害を受け、治
 水工事が始められたことに伴い入植者が増え、そ菜などの栽培が行われました。戦後は、真駒
 内の米軍基地キャンプ・クロフォード建設に伴い市街化が急速に進みました。
  地区をあげて、青少年育成、子どもの見守り活動、子育て支援、エコタウンの推進に力を入
 れており、自然との調和や人と人のふれあいを大切にしながら、地域の特性や歴史を生かして、
 住みよいまちづくりを目標に活動を行っています。(南区ガイドMAPから抜粋)

(平成29年1月1日現在)

開設年月日 平成11年6月29日
人口 5,361人
世帯数 2,655世帯
高齢化率 28.0%
町内会数 10町内会
小学校数 1校

活動拠点所在地

 南区南34条西9丁目2-1 藻岩下まちづくりセンター内
  • 藻岩下地区会館
    藻岩下地区会館

センター運営活動

藻岩下地区福祉のまち推進センターは、主として地区会館内で活動を行っています。
会館では、金曜日(第1~3週)に子育てサロンが行われるほか、福祉のまち推進センターの活動を支える運営委員会が隔月に1回行われています。
このほか、クリスマス会、文化展、敬老行事など、さまざまな行事が行われる場所であり、地域住民の集いの場となっています。

日常生活支援活動

平成11年の福祉のまち推進センター開設以前から、地区社会福祉協議会活動として「小地域の助け合い」を各町内会毎に進めてきました。
29年度は、福祉推進委員32名、住民協力員37名が、訪問や見守り活動などを行っています。最近では、除雪や買い物支援など、個別のニーズに対応している場合もあります。
活動開始当初は、一人暮らしの方が中心だった対象世帯ですが、最近では、高齢者夫婦世帯への援助も重要になってきています。

広報・啓発活動

 

【会報 藻岩下】の発行を年2回行っています。

藻岩下連合町内会、藻岩下地区社会福祉協議会(福祉のまち推進センター)との合同発行で、福まちセンターの内容には、[福まちセンターだより]と見出しがつけられています。

 


ふれあい交流活動

ふれあいパークゴルフ大会(7月)
健康づくりや交流を目的に年1回開催。
心地よい汗を流し、いつまでも元気にでかけたいものですね。

 

敬老行事(9月)
77歳になられた方(その年の年末まで)を対象にお祝いを行っています。

 

 

 

地区福祉のまち推進センター

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

フッターメニューここまで