ここから本文です。

利用したい

現在のページ トップページ >  利用したい >  介護サービス >  訪問介護事業所(ホームヘルプサービス)

訪問介護事業所(ホームヘルプサービス)

訪問介護(ホームヘルプサービス)のご案内

住み慣れた家で、安心して暮らせるように、ご自宅にホームヘルパーが訪問して、自立した日常生活を送れるように支援するサービスです。

札幌市社会福祉協議会の訪問介護(ホームヘルプサービス)の特色

札幌市社会福祉協議会(平成25年4月に札幌市在宅福祉サービス協会と統合)は、平成5年度からホームヘルパーの派遣を開始し、確かな経験と実績で、安心、確実なサービス提供を行っています。

市内8センターに在籍する600名を越えるホームヘルパーは、専門的な資格(介護福祉士、実務者研修等)と豊富な経験を持ち、定期的な研修・指導により知識・技術、マナーの向上に日々努めています。

訪問介護(ホームヘルプサービス)の主なサービス内容

【介護保険制度】

〈訪問介護・総合事業(第1号訪問事業)〉

身体介護

排泄・食事介助、清拭・入浴、身体整容、更衣介助、体位変換、移動・移乗介助、外出介助、起床及び就寝介助、服薬介助、自立生活支援のための見守り的援助

生活援助

掃除、洗濯、調理、買い物

相談助言

心身状況・環境等の的確な把握に努め行う適切な相談、助言

【障害者総合支援制度】

〈居宅介護〉

身体介護

排泄・食事介助、清拭・入浴、身体整容、更衣介助、体位変換、移動・移乗介助、外出介助、起床及び就寝介助、服薬介助、自立生活支援のための見守り的援助

家事援助

掃除、洗濯、調理、買い物

相談助言

心身状況・環境等の的確な把握に努め行う適切な相談、助言

〈重度訪問介護〉

重度の肢体不自由者で常に介護を必要とする人に、入浴、排泄及び食事等の介護並びに外出時における移動中の介護並びに、調理、洗濯及び掃除等の家事援助

〈同行援護〉

視覚障がいにより移動が著しく困難な人に、社会生活上必要不可欠な外出及び社会参加のための外出援助(経済活動に係る外出、通年かつ長期にわたる外出及び社会通念上適当でない外出を除き、原則として1日の範囲内で用務を終えるものに限る)、外出先で必要となる代筆代読及び、外出先での必要な介護

【生活支援制度】

〈移動支援〉

社会生活上必要不可欠な外出及び社会参加のための外出支援(経済活動に係る外出、通年かつ長期にわたる外出及び社会通念上適当でない外出を除き、原則として1日の範囲内で用務を終えるものに限る)とします。また、サービスの提供に際しては、原則、個別支援(個別的支援が必要な場合のマンツーマンでの支援。移動支援従業者1人対利用者1人)の形態とします

サービス提供日、時間について

年中無休。(ただし、日曜日及び祝日については、提供できないこともあります)
午前7時から午後9時まで。(ただし、日曜日については、午前8時から午後8時です)
中央・北ヘルパーセンターでは、訪問介護(介護保険制度)、居宅介護・重度訪問介護(障害者総合支援制度)の24時間サービスも行っています。

訪問介護(ホームヘルプサービス)を利用できる方

介護保険制度ご利用の場合

  • 訪問介護 要介護1~5に認定された方
  • 総合事業(第1号訪問事業) 要支援1、2、事業対象者に認定された方

障害者総合支援制度ご利用の場合

  • 居宅介護 居宅介護の支給決定を受けている障がい者、障がい児
  • 重度訪問介護 重度訪問介護の支給決定を受けている障がい者
  • 同行援護 同行援護の支給決定をうけている障がい者

地域生活支援制度ご利用の場合

  • 移動支援 札幌市から移動支援の支給決定を受けている障がい者、障がい児

さわやかヘルプサービス(本会の独自サービス)ご利用の場合

本会をご利用の方で、介護保険制度、障害者総合支援制度では対応できないサービスを提供します。

サービス内容

さわやかサービス

入院中や同居のご家族がいるために介護保険の生活援助サービスが利用できない方などへの家事援助サービス、見守り、安否確認など。

さわやか外出

お墓参り、美術館、デパートへの外出介助、通院介助時の院内介助、通学、通勤時の介助など。

さわやか介護

入浴介助、食事介助、起床・就寝介助、排泄介助など。

利用料金

さわやかサービス、さわやか外出 30分1,050円
さわやか介護 30分1,500円

訪問介護 (ホームヘルプサービス)をご利用希望の方は、下記訪問介護事業所(ヘルパーセンター)までお気軽にこちらへお問い合わせください。

中央ヘルパーセンター
北ヘルパーセンター
東ヘルパーセンター
白石・厚別・清田ヘルパーセンター
豊平ヘルパーセンター
南ヘルパーセンター
西ヘルパーセンター
手稲ヘルパーセンター

夜間対応型訪問介護サービスのご案内

夜間対応型訪問介護サービスとは、夜間から早朝において、定期的な巡回やケアコール端末からの通報によって、ご自宅に訪問し、排泄にかかわる介助や体位変換等を行い、安心して在宅生活を送っていただけるよう援助するものです。

夜間にいつでもコールボタンを押すだけ
必要に応じてヘルパーが駆けつけます。

オペレーションセンターサービス

ご自宅にボタンひとつで通話が出来る「ケアコール端末」を設置させていただき、緊急時にオペレーターと連絡を取ることができます。

随時訪問サービス

ケアコール端末からの通報を受けたオペレーターの指示によりヘルパーが急行し対応します。

定期巡回サービス

居宅サービス計画及び夜間対応型訪問介護計画にもとづき、ヘルパーが定期的にご自宅に伺い、おむつ交換、体位変換、トイレ介助などの介護を行います。

主なサービス内容

転落・転倒時の介助、トイレへの移動介助、就寝介助、起床介助、おむつ交換、体位変換、お身体の清拭、水分補給
 

ご利用料金について   
※この料金には処遇改善加算が含まれています。

※負担割合が2割の方は上記料金の約2倍、3割の方は上記料金の約3倍になります。

ご利用できる方

介護保険で要介護1以上の夜間の介護に不安のある方で札幌市に住民票がある方。
世帯状況は問いません。

サービス提供時間

20時~翌朝8時(毎日)
※24時間通報対応加算をご契約の方は24時間通報をお受けします。

ご利用いただけるサービスエリア

札幌市内全区

よくある質問

(質問)どのような方が利用できますか?
(回答)介護保険で要介護1以上の方で札幌市に住民票がある方が利用できます。
要支援1及び要支援2の方は利用することができません。

(質問)何時から何時まで対応しているのですか?
(回答)夜8時から翌朝8時まで毎日対応します。(年中無休)
日中の時間帯(8時~18時)の訪問は制度上認められていません。

(質問)通常の訪問介護サービスと併用することは出来ますか?
(回答)併用できます。お気軽にご相談ください。

お申込み・お問合せ先
ナイトケアセンター(電話)
011-208-3800

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

フッターメニューここまで