ここから本文です。

利用したい

現在のページ トップページ >  利用したい >  介護サービス >  介護職員等特定処遇改善加算の見える化要件

介護職員等特定処遇改善加算の見える化要件

介護職員等特定処遇改善加算に係る「見える化要件」について

処遇改善加算は、介護職員の処遇向上を目的に、国が定める一定の要件を満たす事業所について介護報酬が加算される仕組みです。
また、特定処遇改善加算は介護職員の定着化を目的に、令和元年10月に創設され、介護職員の技能・経験・勤続年数等を基準に更なる処遇向上を目指した制度です。
当会では、職員の賃金体系の整備、計画的な研修機会の提供、情報通信技術(ICT)の導入などによる職場環境整備を行い、全ての事業所が加算適用されています。
加算の取得状況及び賃金以外の処遇改善に関する具体的な取り組み内容については、ホームページへの掲載等により公表することが求められていることから、以下のとおり公表いたします。

詳しくはこちらPDF(86.58 KB)
 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。


お問い合わせ

介護事業部 介護事業課

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

フッターメニューここまで