ここから本文です。

社協について

東区社会福祉協議会

現在のページ トップページ >  社協について >  東区社会福祉協議会 >  生活支援体制整備事業 >  集いの場を訪問しました!

集いの場を訪問しました!

たすけあいワーカーズそよ風の「スマイル♡つどる~む」を訪問しました

 東区の鉄東地区にある「NPO法人たすけあいワーカーズそよ風」さんでは、「つどる~む」という地域交流サロンを定期的に開催していましたが、コロナウイルス感染拡大によりサロンは休止となり、そのかわりに事業所の前庭を利用してのフリーマーケット「スマイル♡つどる~む」を7月から月1回開催しています。こちらを10月24日に訪問してきました。


 販売されていたのは長沼産の野菜(手で皮がむけるカブ「もものすけ」や、黄色いカリフラワーなど珍しいものも。長沼の有名レストランでも使われているとのこと!)、小物、古着、大福など。この日は雨も時々ふり、気温も寒い中でしたが、事業所のみなさんは元気に道行く人に「いかがですかー!」とお声をかけていました。


 たすけあいワーカーズそよ風さんは、介護保険制度ができる前から、たすけあいに取り組んできたベテランの事業所さんです。今後、2層生活支援コーディネーターとして、いろいろと教えていただきながら、連携を深めていきたいです。





 

介護予防センター北光主催 「自主グループ応援企画 美香保体育館で運動しよう!」を訪問しました。

介護予防センターが短期体操教室を行った後も、自主的に体操を続けているグループを「自主グループ」と呼んでいます。  北光地区では、コロナ禍でも活動できる広い会場がなかったり、これまで活動していた会場が医療機関だったりと会場を借りることが難しくなった自主グループが多く、体操をしたくてもできない方が多くいらっしゃいました。そこで、介護予防センター北光さんが近くの美香保体育館を借り、自主グループ参加者を対象に「自主グループ応援企画 美香保体育館で運動しよう!」というイベントを開催しました。第2層生活支援コーディネーターが、9月30日に訪問し、コロナ禍でも工夫して地域活動をつづける様子を取材してきました。

 

この日は17名が参加。コロナ対策として、体育館に入る前には職員が必ず検温・体調確認をし、消毒も徹底。体操指導の職員はフェイスシールドを着用。参加者同士のソーシャルディスタンスも十分に確保し、こまめに休憩と水分補給の呼びかけも行うなど対策を万全に行い活動していました。

体操の後は、ソーシャルディスタンスを保ちながらできる脳トレや、体全体を使う輪投げゲームも。参加者のみなさまは大変楽しんでいらっしゃいました。

 








 

コロナ禍でも、工夫や対策をこらし、つながりを絶やさない、そして介護予防につなげていくことが、こんな今だからこそ重要だと感じました。取材させていただいた北光地区自主グループのみなさま、ありがとうございました。


 

丘珠地区サロン「お元気シニア」を訪問しました。


 丘珠地区の「お元気シニア」さんから、地域活動再開のご連絡をいただき、久しぶりにみなさんのお顔を拝見するために丘珠新栄団地会館を訪問しました。
 もともと介護予防センター栄・丘珠さんの支援のもと、体操の自主グループとして活動され、今年の3月に札幌市社会福祉協議会のサロンに登録となりました。
 その後は残念ながら、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、活動を自粛。
 生活支援コーディネーターは、北丘珠地区のみなさんが、自粛期間をどのように過ごされていたのかを調査させていただきたく、質問用紙とシールを持参でいざ出発!
 これだ!と思うものに各自シールを貼っていただくという、密にならない調査。
ソーシャルディスタンスを十分に配慮して、座学スタイルで講話も聴いていただきました。
調査結果は、3食の食事をきちんと摂り、適度な運動を心がけていたという方が多くいたこと、電話などでお友達との交流を続けていた方もおり、コロナ禍でもお互いを気にかけていたそうです。
畑で野菜を収穫した。昼寝の時間が増えた。特に変わらない。の声もありました。
 これからも、新北海道スタイルを取り入れた新しい集いの場として再開された「お元気シニア」のみなさん、ますますのご活躍を楽しみにしております。

 

認知症カフェへ行ってみませんか?

「認知症カフェ」最近よく耳にするようになりましたが、簡単にご紹介いたします
 認知症の方とそのご家族だけでなく、認知症に関心のある地域の住民、介護や医療の専門職など誰もが気軽に参加して情報交換や相談など行い、またお茶やお菓子を楽しみながら参加者同士が交流を図る場のことをいいます。
 札幌市では57か所の認知症カフェが認証・登録されており(令和1年12月現在)、東区では10か所の認知症カフェが活動しています。
 今回は栄東地区にある「ケアセンター栄町カフェ」を訪問させていただきました。
 こちらは約2か月に1回、「地域の方々が気軽に交流できる場」として開催されており、訪問当日はサッポロスマイル体操を参加者のみなさんで一緒に行い、軽く汗を流しました。
 お茶とおしゃべりでゆっくり過ごし、相談などもできる認知症カフェ、ぜひ一度足を運んでみてはいかがですか?

 東区認知症カフェ一覧 はこちら   

https://www.city.sapporo.jp/kaigo/k100citizen/documents/higasi.pdf

栄西地区の老人クラブ「共栄睦会」を訪問しました。

 栄西地区の老人クラブ「共栄睦会」は、月に1度、第3金曜日に活動されています。
例会は会長の挨拶から始まり、訪問当日は睦会のみなさんが毎年活動されている赤い羽根共同募金の活動実績発表などもありました。
ご協力してくださったみなさん、お疲れさまでした。そしてありがとうございました。

 11月の例会は生活支援コーディネーターが「助け合いゲーム」を持参し、グループごとに分かれて「助け合い」を体感していただきました。
 お互いの困りごとや、手助けできることをゲームを通して伝え合い、みなさんが実際に行っている支え合いをふりかえることで、改めて地域の仕組みづくりを考えるきっかけになったのではないでしょうか。
「困った時はお互い様!」「自分が出来ることで役に立てるなら、なんぼでもやってあげるよ!」「まかしておいて!」などと、いつも顔を合わせているみなさんの間柄ならではの関係性が感じ取れました。
 いつまでも住み慣れた地域で暮らしていくためには、ちょっとした手助けが必要となる時もあります。ゲームに参加してくださったみなさんのさりげない、けれども頼もしいお言葉が、2層コーディネーターにとっても本当に心強く、大変心に残りました。

「タッピーサポーター養成講座」修了式

 東区には「タッピー体操」という、いつまでも元気に過ごせるような身体づくりや、転倒予防のために作られた東区オリジナルの体操があります。
 今回ご紹介する「タッピーサポーター養成講座」は、令和元年9月毎週水曜日に札幌市東老人福祉センターにて開催されました。
 この講座はタッピー体操の技術習得の他に、認知症サポーター講座や、サロンやボランティアなどの自主活動で活用できるレクリエーション技術等を計4回の講座を通して学びました。
 受講生のみなさんは、すでに地域で活動されておられる方、これを機に挑戦してみたいとお考えの方など様々でしたが、どの方もみな熱心に取り組んでおられました。
 講座後には、「自分に自信が持てた」、「頑張っているみんなを見ていい刺激になった」、「自分が楽しんだように、今度は誰かを楽しませたい」、など意欲的な決意表明とそのステキな笑顔に大きな拍手が響き渡りました。

  
 

栄東地区の「さんさん健康教室」を訪問しました。

 栄東地区の「さんさん健康教室」は、今年の4月に開設したてのフレッシュな自主活動グループです。活動内容は「みんなのタッピー体操」「脳トレ」「ズンドコ体操」で、栄地区センターにて月に2回活動しています。

タッピーサポーターの方たちがリーダーとなり、声掛けや励ましなど行い、活動をさらに盛り上げていらっしゃいました。 ズンドコ体操は、口ずさみながら身体を動かすと、よりいっそう気分が盛り上がるようですね。心も体も元気になる気がしました。最後の決めポーズがかっこよかったです。

ご興味のある方は、介護予防センター栄・丘珠(786-0030)
     または 栄地区センター     (704-6005) までお問い合わせください!

※「タッピーサポーター」とは、介護予防に繋がる活動の場を地域に広げていくボランティアです。認知症や転倒予防に関する知識とともに「みんなのタッピー体操」の習得、レクリエーション等の技術を学び、仲間と一緒にボランティア活動をされている方たちのことです。
  

 

栄東地区の「すこやか倶楽部・日の丸会館」を訪問しました。

 栄東地区の「すこやか倶楽部・日の丸会館」は介護予防センター栄・丘珠が主催の介護予防教室です。対象者は65歳以上で介護予防にご興味のある地域の方々となっております。大変人気のある教室で、会場の日の丸会館の大広間が参加者の方々で埋め尽くされていました。
まずは、東区では有名な「みんなのタッピー体操」で体をほぐしました。

「みんなのタッピー体操」は、いつまでも元気に過ごせるような身体づくりや、転倒予防のために作られた札幌市東区オリジナルの体操です。ゆっくりと身体をほぐす『ストレッチ体操』と、ご自身の体力に合わせた『筋力アップ運動』を定期的に行っていただくことで、筋肉の老化防止や、筋力の維持という効果が得られます。

その後に、頭の体操やラダー体操も行いました。頭の体操は一見簡単なように見えても、実際に参加してみるととても難しい脳トレです。間違えても大丈夫!さらに脳が活性化するようです。

休憩後には、最近の地域情報として家族情報を聞き出すような怪しい電話がかかってきている事を伝えていただき、参加者のみなさんは、騙されないように気をつけようね、すこやか倶楽部に来るとこういう話を教えてもらえてありがたいね、などとお話されていました。
 
               

栄西地区の町内会主催の昼食会を訪問しました。

 栄西地区の第3分区にある共栄町内会は、2015年から町内会主催の昼食会を月に1度行っております。
 参加者のみなさんは、お昼少し前に着くようにお散歩がてら歩いて会場に集まります。会場までは、遠い方でも10分くらいの距離でちょっとした運動にもなっているようです。
参加者が揃ったらスタッフの方が準備された食事を一緒にいただきます。
そして、食後のお茶やコーヒーと共に、時間の許す限り楽しいおしゃべりに花を咲かせているそうです。
 スタッフの方は「一人ぼっちの人をつくりたくない」「自分たちのできる範囲で」というお気持ちから、「町内会のみなさんが気軽に集まり食事ができる語らいの場」を計画したそうです。
 こちらの町内会は見守り活動、老人クラブ活動、サロン活動も活発に行っております。
身近な町内会だからわかることがあり、町内会だからできることを丁寧に継続的に行っておられます。
      

 

栄西地区の「すこやか倶楽部・栄西会館」を訪問しました。

 会場の栄西会館は、平成30年10月に新築された白を基調とするとてもきれいな会館で、栄西小学校、まちづくりセンター、福まち事務所との複合施設となっております。    
 5月13日(月)に、この栄西会館で行われた「すこやか倶楽部」を訪問させていただきました。

 栄西地区の「すこやか倶楽部」は介護予防センター栄町が主催で、65歳以上で介護予防にご興味のある地域の方々が大勢参加されております。 
 
今回は、サッポロスマイル体操の後に、札幌市日赤奉仕団栄西分団の皆様がボランティアとして折り紙を教えてくださいました。丁寧に折る、きれいに折り目をつけるなどの基本中の基本がなかなか難しいのですが、丁寧に指導してくださった結果、素敵な鶴がたくさん出来上がっていました。普通の鶴と少し異なるアレンジがとても素敵で、また紙の素材も高級感たっぷりですちょっとした小道具を使うことで折りやすくなることを発見したり、難しいところは教え合ったり、おしゃべりの中からアイデアや工夫を持ち寄ったりと、とても楽しんでおられました。
      

丘珠地区の「スマイル健康教室」を訪問しました。

 4月17日(水)に丘珠ふれあいセンター多目的ホールで行われた「スマイル健康教室」を訪問させていただきました。この教室は丘珠福まち健康づくり事業部主催で、地域の皆さんの健康づくりの一環として開催されています。
 この日は初めて参加された5名を含めて30名以上の方が楽しいひとときを過ごされていました。
当日行われたリズム体操は「きよしのズンドコ節」から始まり、色々な種類の曲に合わせて体を動かします。最初は一人ずつ、次にペアで踊るなど参加者同士の交流もリズムと共に深まってくるようでした。難しいところはお互い教え合ったり、間違いを笑い合ったりと、どんなことでも楽しんでおられるみなさんの笑顔がとても素敵でした。
 「スマイル健康教室」のテーマや実施内容はとても豊富で、ゲーム大会や講演会もあります。ご興味のある方は、ぜひ一度会場まで足を運ばれてはいかがでしょうか?
  

鉄東地区の「寿禄サロン」を訪問しました。

 1月16日(水)に鉄東16分区町内会館で行われた「寿禄サロン」を見学させていただきました。
 約20名の方が参加しており、この日はタッピー体操で体を動かした後に、ヤクルト職員の方の健康にまつわる講話がありました。講話の最後には活発に質問も飛び交い、みなさんの健康に対しての意識の高さが窺えました。
 寿禄サロンでは、講師の方をお呼びしての講話など、毎回のプログラムに趣向をこらしていらっしゃいます。笑い声の絶えない明るいサロンです。ご興味のある方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。


栄西地区のふれあい・いきいきサロンを訪問しました!

 栄西地区のサロン「集いの場 すずめ」は、地域のシニアの方々が手芸やおしゃべりを通して楽しいひとときを過ごしています。
 訪問時は、サロン主催者の方が講師となり、水引き(みずひき)を作成されていました。
作品への創意工夫が素晴らしく、毎回頭と手のいい体操になっているとのことです。
 みなさんの表情がとてもいきいきされているのが、印象的でした。
 手作り作品に囲まれたあたたかく家庭的な雰囲気と、明るく大きな笑い声が聞こえる素敵なサロンです。
 「集いの場 すずめ」のみなさん、取材を快く受け入れていただきありがとうございました。


本文ここまで

ページの先頭へ戻る

フッターメニューここまで